「ギャンブル宝典」「ロト・ナンバーズ当選倶楽部」公式ブログ

編集長・岡田が主要予想のアタリハズレを報告する良心的ブログ!ギャンブル宝典は毎月19日、ロトナン当選倶楽部は毎月5日発売

「ギャンブル宝典」11月号 明日19日(水)発売!

2016年10月18日 | 「宝典」発売情報!

いつも当ブログにご訪問ありがとうございます。
このブログの情報が役に立った、またはブログの継続を希望するという方は、1日1回のクリックで応援のほどヨロシクお願いいたしますm(_ _)m
↓ ↓ ↓ 


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

明日19日(水)「ギャンブル宝典」11月号が発売となります。

今号の巻頭特集は、本誌8月号で夏競馬向けに掲載し、続々と黒字を達成させた「ベタ買い大儲けデータ15連発!秋競馬バージョン」です。夏競馬版では新潟競馬ダート・シスターミニスター産駒ベタ買いで回収率600%を達成するなどマル乗りするだけで収支プラス確定ネタが満載されていましたが、今回は東京・京都・福島の秋競馬が対象。「東京ダートでは◯◯◯産駒をベタ買いするだけで回収率240%!」など簡単に儲かるネタがぎっしり。毎週の小遣い稼ぎに是非ご活用ください!

 

 そして、もちろんメイン特集は、秋GⅠ第2弾!「天皇賞・秋」「エリザベス女王杯」「マイルCS」の総力大特集!です! 安藤勝己氏監修による天皇賞(秋)の「死角と勝算」をはじめ、的中率UPを約束する「人気傾向」「ラップ分析」「前走ローテーション」「血統」「枠番バイアス」などをまとめた大好評の「GⅠレースパーフェクトDATAFILE」を掲載! ガッチリ稼いで秋競馬をスタートするためのお役立ち情報満載でお届けします! 

また、こちらも大反響シリーズとなっている「億」を動かす男の馬券術!第4弾。今回競馬ウラ事情通X氏は、その取捨選択が分かれば大きく儲かる「1番人気馬を切っていいパターン!」を大公開! 危険な1番人気の条件をわかりやすく解説してくれる他、天皇賞(秋)と菊花賞の展望についてもレクチャーしてくれます!

そして、秋GⅠ緒戦では唯一の強運イニシャルF馬レッドファルクス(RF)が勝利し、不思議なパワーを発揮し続けているカバラ馬券GⅠ攻略特集ももちろん必見! 監修・小野十傳の「啓示」が入った「月間競馬カバラ通信」のほか、神がかりパワーを炸裂している本誌監修・小野十傳の直前大予言も必見です。

 **********************************************
 

今号の小野十傳の「直前大予言」は「天皇賞・秋」が対象。また、今回は前述の「億」を動かす男・ミスターX氏が10月30日天皇賞・秋当日の資金作りになる「厳選ドル箱馬3頭」を特別公開!6月から配信をスタートした大好評の「ギャンブル宝典 開運メルマガで、レース前日に配信する予定ですので「袋とじ大予言」に掲載されている登録方法を読んで、どしどしご応募ください!
**********************************************

また、競馬の疑問をズバッと解決してくれる安藤勝己の「アンカツ塾」、夏競馬でリアルに100万円を獲得し、その使い道も破天荒な山下ヨモギの「一日千両道」(▼下の写真)、軸がわかれば最強のヒモ馬番が自動的にわかる大好評の「馬番[電脳]コンピ 東京・京都・新潟版」、新連載大島麻衣の「競馬一直線」、インタビュー「一流勝負師の展示室」では坂口正則調教師、さらに連載「トレセン探検隊」では橋口慎介調教師・荻野仁調教助手・藤野陽平調教助手が登場! また「京王杯2歳S」「スワンS」「デイリー杯2歳S」「アルゼンチン共和国杯」などGⅡ・GⅢパーフェクト予想、さらに特別レース分析から狙い目騎手・出目・脚質別成績などをまとめた「中山・阪神・東京 開催場別必勝データ」、地方競馬「JCBクラシック」「JBCスプリント」、好評連載「お父さんのための日本一わかりやすい予想ワザ入門」(血統編・ラップ理論編)など読み物企画や地方競馬情報もてんこ盛り! 

また、直前回当選数字の合計数と六曜をチェックするだけで次回のマストナンバーが即わかるロト6「直前回×六曜パワーボード、財テクコーナー「5年間で株で1億円稼ぐ!」、競艇「ボートレースダービー」(SG)、KEIRIN「ゴールドカップ」(GⅠ)、オート「日本選手権」(SG)などロト攻略&公営競技予想も詰め込んで、今号も盛り沢山でおとどけします! 

※「ギャンブル宝典」11月号は全国の書店・コンビニでお求め下さい。地方では発売が3-4日程度遅れる場合があります。予めご了承ください。

『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミニロト 「電脳コンピ」で... | トップ | N3・N4 「電脳コンピ」で... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む