「ギャンブル宝典」「ロト・ナンバーズ当選倶楽部」公式ブログ

創刊24年目を迎えた「ギャンブル宝典」の発売情報や競馬情報をお知らせします!

「宝塚記念」考察②

2017年06月22日 | 「運」を知らずに競馬で勝てるか!

さて、「宝塚記念」考察の第2回。

昨日は「イニシャル馬券術」で検証した場合、キタサンブラックが唯一のイニシャル・ダブル暗示(KB)になることを説明しましたが、今回は、カバラ馬券術のもう一つの要(かなめ)である「聖数」と「音数」「運命数」について解説しておきたいと思います。すでにご存知の方はすっ飛ばしていただいてOKであります。ブログのリニュアル直後ですから、カバラ理論は初めて、という方のためにレクチャーをしておきます。

宝塚記念の開催日は、2017年6月25日。まずはこの日の「カバラ聖数」をもとめます。カバラ聖数には「年の聖数」「月の聖数」「日の聖数」の3つがあり、下記の計算で算出します。

2+0+1+7=10→1+0=1←年の聖数

2+0+1+7+6=16→1+6=7←月の聖数

2+0+1+7+6+2+5=23→2+3=5←日の聖数

上記の通り、年の聖数は年の数字を一桁になるまで足す、月の聖数は年のと月の数字を一桁になるまで足す、というバターンで年・月・日の3つの聖数を算出します。これも私が勝手に作ったわけではなくて、ユダヤ教の基礎にもなっているカバラ占術(数秘術)において2000年以上前からずーっと語り継がれた由緒ある法則です。

次に、「音数」は馬名をアルファベット表記し、昨日お伝えした1=AJS、2=BKTのように、アルファベットをすべて数字に置き換えて、一桁になるまで足し上げたもの。「絶対音数」は全部の文字を、「母音数」はAIUEOの母音だけを、「子音数」はBDEFなどの子音だけを足し上げたものです。

また、「運命数」は馬名の画数を一桁になるまで足したものです。※下記にレーヌミノルを例にあげて解説したものを掲載しておきます。

で、宝塚記念では、年の聖数=1、月の聖数=7、日の聖数5の3つを、馬名の「音数」「運命数」と照合し、一致したものを探すことになります。

「そんな面倒なこと、やってられるか!」

まったくその通りですね。でもご心配なく。下記に、

【宝塚記念 カバラ暗示付き確定枠順】

を掲載しておきます。

聖数とマッチしたものは<>でくくってありますので、強運暗示が一目瞭然。昨日の検証①の通り、イニシャル暗示はキタサンブラックが唯一ダブル(KB)です。「唯一の暗示」というのは強運馬を探るひとつの有力手段なので、これに当てはまる注目馬をあげておきましょう。

ミッキーロケット=唯一の子音数5

ゴールドアクター=唯一の運命数1

スピリッツミノル=唯一の1ダブル暗示(絶対音数&運命数)

シュヴァルグラン=唯一の子音数7

レインボーライン=唯一の絶対音数5

ヒットザターゲット=唯一の絶対音数7&唯一の母音数1

唯一多過ぎ!であります。かなり珍しいケース。こういう時は、「暗示の分散」現象が起きて運気が定まらないことが多々あります。

そういう時に役に立つのが強運馬番・枠番。これについてはまた次回お届けしたいと思います(更新は明日の予定)。

 

■従来のロトくじ的中検証は下記のブログで継続中です!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

 

http://blog.livedoor.jp/hotenloto/


『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「宝塚記念」考察① | トップ | 「カバラ音数出馬表」 6月... »
最近の画像もっと見る

「運」を知らずに競馬で勝てるか!」カテゴリの最新記事