「ギャンブル宝典」「ロト・ナンバーズ当選倶楽部」公式ブログ

創刊24年目を迎えた「ギャンブル宝典」の発売情報や競馬情報をお知らせします!

「函館2歳S」(GⅢ)の強運馬事前チェック!

2017年07月20日 | 「運」を知らずに競馬で勝てるか!

さて、本日は「函館2歳S」(GⅢ)の強運馬について事前チェックをしたいと思います。

レース当日のカバラ聖数と強運イニシャルは昨日掲載した「中京記念」と同じく下記の通りです。

2017年(1) 7月(8) 23日(22)  
強運イニシャル    :CLUBKTGPY
強運イニシャル母音:U

これらの強運暗示を<>で示した全登録馬18頭のイニシャル&音数&運命数は下記の通りです。

例によって、まずは簡単に強運馬を見極めることができる「唯一の暗示」チェックから。

ウインジェルベーラ唯一のイニシャルU&唯一の母音数8

ガウラミディ唯一のイニシャルG

ベイビーキャズ唯一のイニシャルB

デルマキセキ唯一の子音数22

リンガラポップス唯一の運命数22

以上の5頭が唯一暗示の持ち主。唯一をダブルで持っているウインジェルベーラはもちろん要注意ですが、「11」と同様、カバラ聖数としては特異な数字である「22」がレース当日の日の聖数として運気を支配しており、その22を唯一保有しているデルマキセキとリンガラポップス両馬に個人的には目がいってしまいます。

GⅠとはやや傾向が異なるかもしれませんが、今年のNHKマイルCは日の聖数が同じく22で、子音数に22を持った2頭の馬=アエロリット、ボンセルヴィーソで1・3着したのを思い出します。詳細はまた後日触れることとして、とにかくカバラ聖数11と22は時として予想を超えた爆発力を発揮するので要注意です。

ちなみに、昨年16年の函館2歳Sもレース当日の日のカバラ聖数は22で、出走メンバー中22を唯一持っていたレヴァンテライオン(2番人気)が制覇(これまたカバラの不思議!) また、当日の暗示に聖数22はありませんでしたが、14年も母音数と子音数に22を持ったタケデンタイガー(11番人気)が大穴をあけて2着に入っており、このレースと22の相性の良さを示しています。昨年は唯一の暗示を持った馬が多く、試験的にそれらすべてをボックスで勝ってみたら3連複13,330円の配当がついたのを思い出しました(我ながらセコい馬券ですが、あくまで検証が第一目的の馬券なので・・・)。

また、イニシャル一文字の馬名で、なおかつ音数暗示もヒットした、

カシアスイニシャル一文字K&絶対音数8

パッセイニシャル一文字P&運命数8

の2頭も注目の強運馬として取り上げておきたいと思います。今年のカバラ聖数である1を運命数に持つ馬が7頭いるほか、イニシャル暗示も分散気味なので、手広く押さえた馬券が必要になるかもしれませんが、こちらも枠順確定後には「この1頭!」を見極めていきたいと思います。なお、レースの詳細データは昨日発売されたばかりの「ギャンブル宝典」8月号をご覧くださいませ!

****************************

データ満載!カバラ馬券術のこともよくわかる!

「ギャンブル宝典」8月号 絶賛発売中!

*******************************

■従来のロトくじ&toto的中検証は下記のブログで継続中です!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

http://blog.livedoor.jp/hotenloto/

『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「中京記念」(GⅢ)の強運馬... | トップ | 「カバラ音数出馬表」 7月1... »
最近の画像もっと見る

「運」を知らずに競馬で勝てるか!」カテゴリの最新記事