「ギャンブル宝典」「ロト・ナンバーズ当選倶楽部」公式ブログ

創刊24年目を迎えた「ギャンブル宝典」の発売情報や競馬情報をお知らせします!

「ラジオNIKKEI賞」「CBC賞」の強運馬チェック!

2017年06月29日 | 「運」を知らずに競馬で勝てるか!

きょうは2日(日)に開催される重賞「ラジオNIKKEI賞」(GⅢ)「CBC賞」(GⅢ)について強運馬を検証していきたいと思います。

レース当日の年・月・日のカバラ聖数および強運イニシャル&強運母音は次の通り(※カッコ内が聖数)。

2017年(1) 7月(8) 2日(1
強運イニシャル    :BKTGPYAJS
強運イニシャル母音:A

※月と日のカバラ聖数が1で重なったので、強運暗示は1と8だけに絞られます。

続いて貴重な(?)登録段階でのカバラ暗示を初めて掲載しておきます。まずは「ラジオNIKKEI賞」から。

いつもどおり「唯一の強運暗示」について探っていきます。「唯一」がすべてではありませんが、決め手になるケースが多いことは確かです。

クリアザトラック唯一のイニシャルT

ニシノアップルパイ唯一のイニシャルA

マイネルスフェーン唯一の母音数8

以上の3頭はまず有力候補としてキープ。さらにイニシャル一文字馬で、その一文字が強運イニシャルとしてヒットしたバルベーラBにも注目です。また、このレースは毎年7月に入ってすぐの開催ですから、7=GPYが強運ポイント。一昨年に2着したミュゼゴースト(4番人気)が最近の好例です。なので、イニシャルGPYを持ったウインガナドル、グランドボヌール、ビービーガウディの3頭も軽視できません。

さて、続いて「CBC賞」です。

こちらも「唯一の強運暗示」をピックアップしておきましょう。

メイソンジュニア唯一のイニシャルJ

ラヴァーズポイント唯一のイニシャルP

ラインスピリット=唯一の母音数1

以上の3頭がまずは注目の強運馬。ほかには、20年以上にわたってカバラ馬券術を追求してきた経験から生まれた格言のひとつ、

「イニシャルS(一文字馬に限る)またはSSは黙って買い!」

にハマったエイシンスパルタン(=ESS、やや変則ですが・・・)、さらに昨年2着ラヴァーズポイント(絶対音数&運命数7)、一昨年の覇者・ウリウリ(絶対音数&母音数6)のように、同じ数字の音数&運命数を複数もったシャイニングレイ(絶&子音数8)、トーセンデューク(母&運命数8)、既出のラヴァーズポイント(母&子音数8)も要注目であります。

これらの強運馬を中心にして、枠順確定後の前日1日(土)夜までに、強運馬番・枠番の要素を加味して最終的な「超強運◎馬!」を指名する予定なので、チェックしてみてください!

明日30日はコンビニプリントとして発売している「カバラ音数出馬表」(ローソン・ファミリーマート・サークルKサンクスで毎週金・土曜日18時頃発売)から的中事例を参照しながらカバラ馬券術のレベルアップ講義をする予定です。

 BACK FOR THE FUTURE

 =未来のための回顧=

28日の帝王賞は◎△ワイドにとどりましたが、1着ケイティブレイブは唯一のイニシャルKTBトリプル暗示、2着クリソライトは唯一のイニシャル一文字強運馬、でした。ケイティブレイブの3文字イニシャルはやは特異パターンなので取り上げませんでしたが、やはり「唯一」に着目することの重要性を教えてくれた一戦でした。未来に生かすべし!

****************************

■従来のロトくじ&toto的中検証は下記のブログで継続中です!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

http://blog.livedoor.jp/hotenloto/

『競馬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「帝王賞」の考察と結論! | トップ | ハマりまくるカバラ馬券術の... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む