広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

三沢光晴追悼特別番組

2009-07-05 09:57:34 | プロレス・格闘技
やっぱ寝ちゃったので今朝ビデオで拝見。

リーヴのCM4連発
ほとんど観ていたけどラストのCMだけ初見だった。
それだけこの2~3年ノア中継観てなかったんだなと実感。

番組のほとんどは三沢光晴の回顧試合。


タイガー時代タイガードライバーでちゃんと両肩ついてないのに
流れでレフリーが3カウントし始めたのがこの頃。

レフリーのポジションが悪くなったのもこの頃。

ジョー樋口さんは遅い遅いと言われながらも
ちゃんと両肩見える位置にポジション決めて両肩しっかり見てカウントしてたし。

しかし三沢のブリッジはキレイだったな~

鶴田越えの頃は勢いと周りの盛り上げでだけで
丸め技でとっていた。

そこからフェイスロックが決め技になり
ジャブとしていたエルボーが磨き上げられフィニッシュホールドへ。


しかし今観ても川田にかけたタイガドライバー'91は殺人技。

80年代ツームストンパイルドライバーが一時暗黙の禁じ手になってたのに
いくらマットが多少柔軟になったとはいえ
あの技を三沢本人が出していたんだからやはり過激過ぎたんでしょうな。

三沢さんは相当首にダメージあったからこそ
受け身の天才が事故にあったんだろうなと改めて感じた。

90年代後半が一番過激でキレがある全盛期の動きしていたんだなと
VTR観て感じた。

01年
橋本真也の頃が最後の血気盛んな頃だったか。

橋本と戦っていたんだよな~

この頃までがなんだかんだ言ってプロレス全体が活気づいていた時代。

橋本!次があるのか?この野郎~

03/3/1
場外投げっぱなしでないと過激な技を見せられなくなった時代。
その死闘の末小橋時代の到来。

それと並行して三沢は蝶野や武藤などとドリームマッチ。
この辺からベテランの動きになりましたね。

それでもスゴイですけど。


でも小橋の大病の連続で結局第一線で矢面に立ち続けなくては
ならない宿命が三沢の悲劇の始まりだったんですね。。。

06/12
丸藤戦
雪崩式エメラルドフロージョン

この頃はまだ武道館観にいっていたんだなと。

でも精一杯胸を貸していたファイトだったですね。


・・・やはり三沢光晴は凄いプロレスラーでした。

ご冥福をお祈りします。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7/5朝 | トップ | イモト24時間TV »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事