つれづれの記

日々の生活での印象

都議選が終って  

2017年07月11日 15時01分23秒 | 日記

2017年7月11日(火)  都議選が終って 

 

  定例の都議会議員選挙が、この7月2日(日)に行われ、終了した。都民の一人として、投票を行ったが、これまでの都議選とは大きく異なる印象である。

 

◎今回の都議選の概要

*有権者数と議員定数

 有権者数 1126.6万人(今回から18歳以上。 前回より約67万人増)

 全体の議員定数127が、都下42選挙区毎に割り当てられた。今回は、選挙に先立ち、総定数は変えない見直し(2増2減)があり、定数が増えたところはいいとして、減った2選挙区の当事者は、後述するように、大変だったようだ。

   定数変更  1増:町田(3→4) 北多摩3(調布 狛江)(2→3)

           1減:北(4→3)  中野(4→3)

 

*投票率        今回         前回

    投票率    51.28%      43.50      

 今回は、昨年夏の小池新知事の誕生で、政治状況が大きく変わり、各党とも、国勢選挙並みの取り組みが行われ、都民の関心も高かったが、投票率は、前回よりも、8ポイント程高くなったものの、有権者の約半数程度が棄権している、と言う実態は、やや、驚きである。

 その中で、期日前投票は、投票数135万票強で、前回の1.5倍となったようだ。有権者の権利行使時への配慮が、効を奏している、と言えるようだ。

住んでいる足立区内では、投票所の総数は76だが、今回は、家族の都合から期日前投票を行った。期日前投票ができる会場が区内に8か所あり、通常の投票所と同程度に近かったのが幸いであった。

 

* 得票結果

 今回の都議選の得票結果は、マスコミで、トップニュースとして大々的に報道されているように、都民ファーストの会(略 都民F)の圧勝と、自民党の惨敗という、想定を越えた結果となった。党派別には以下のようだ。

      改選前  改選後  今回状況

自民党 57    23  

公明党  22    23     候補者全員当選

共産党 17   19

民進党  7    5

都民F   6   49        候補者50人 島以外当選  

                                 選挙後、無所属6を追加公認 

他 ネ維  4   2

無        13   7        選挙後、追加公認で1に

計     126 127 

  選挙結果、議会内の勢力分布が大きく変わり、小池知事を支持する勢力が、都民Fの選挙後の追加公認と、公明党を加えて、過半数の64を大きく超え、78となった。

 

 ◎ 選挙区の概況

*注目区の状況

  選挙区を定数別に見ると、選挙前→選挙後の変化は、以下のようで、自民から都民Fへの大きな流れがある。

     1人区  7 全て自民→自民は島のみ 他は都民F  

    2人区 15 1人目 全て自民+他

                                              →1人目14都民F+1公明、2人目自民6 

                                        都民Fが2議席独占の区もある 

   自民候補の状況は、どの選挙区でも苦戦しており、目黒(定数3)では、現自民2人が揃って落選。一方、世田谷(定数8)では、現3人が全員当選と、健闘しているのは例外的だ。 

  自民関係幹部等の状況は以下。   

  ◇千代田(定数1) 都議会自民党のドンと言われた、内田前幹事長の引退で後釜が出馬したが、都民F候補に完敗し落選。

      x昨年11月の区長選でも、自民候補が、都民F候補に敗れている。

   ◇北区(定数3) 現自民党の幹事長が、都民F議員団幹事長等に1200票程の差で敗れ落選。定数減の影響が大きい。

   ◇中野区(定数3)現自民党都議会議長が、都民F候補等に1300票程の差で敗れ落選。定数減の影響が大きい。 

 

*足立区

 筆者の御膝元の足立区だが、以下のようだ。

・足立区 定数6       得票率   

 都民F 新 後藤奈美  16.6%

 共産  新 斉藤真里子 13.4 

  自民  現 高島直樹  13.2  都連幹事長  

 公明  新 薄井浩一  13.1

  都民F 新 馬場信男  12.9

 公明  現 中山信行  12.0

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 自民  現 発地易隆   9.4  法定得票

  民進  新 銀川裕衣子  5.7  法定得票

 維新  元 鈴木勝博   3.3 

  足立区では、他の区と同様、都民Fの女性候補が早々と当確を決めたが、自民都連の幹事長ポストを、前任の内田ドンから引き継いだ高島議員は、開票速報では、なかなか、当確にはならなかった。 公明や共産は組織力で優勢だったが、かなり遅くまで、都民F、公明の2議席目や、自民現職の2議席の行方が定まらず、マスコミも容易には決めかねただろうか?

  結局、上記のように、6議席のうち、都民Fと公明が2議席を、共産が1議席を確保し、自民は、高島幹事長は問題なかったものの、現職1人が落選する結果となった。又、民進党候補は、自民大敗の流れに乗れなかった。 

 *舛添前知事の辞任劇から小池新知事の誕生までと、豊洲移転問題を含めた、小池知事のその後の動きについては、以下のブログで触れている。

    新東京都知事             (2016/9/6)

    新東京都知事 その後      (2016/9/30)

   新東京都知事 続その後     (2016/10/16)

   新東京都知事 続々その後   (2016/11/3)

   小池都知事  豊洲移転の決断(2017/4/12) 

 このため、これらの詳細については省略するが、今回の都議選は、何が争点だったのだろうか? 又、結果は何を意味するのだろうか? 

  直接的に都と関係する、築地市場・豊洲移転問題や、オリ・パラ問題等もあるが、筆者には、小池都政への期待が大きい一方で、国政に対する批判が、かなりの比重を占めているように思われるのである。

これらについては、稿を改めて取り上げることとしたい。

 

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風呂場ギャラリー   初夏 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。