つれづれの記

日々の生活での印象

アフリカの諸国   6

2017年06月15日 10時18分57秒 | 日記

2017年6月15日(木) アフリカの諸国  6

  

 当ブログでは、これまで、アフリカシリーズとして、下記記事

 

     アフリカの諸国 1~5 (2017/5/6 ~ 6/5)

 

で、アフリカの地理や、開発段階、植民地分割、利他主義、産業(農業・鉱業)、国連の取り組みのMDGsまでを取り上げてきた。

本稿は、シリーズの続編で、その後の国連の取り組みの、SDGsを中心とした話題を扱っている。

前稿以降は、国連中心の話題のため、アフリカからは、一時、やや遠くなるがーー。

 

◇ MDGからSDGへ

 前稿で取り上げた、ミレニアム開発目標(MDGs)の達成状況や新たな課題も包含して、2016年9月に開催された国連サミットで、次の2030年を目標とした、「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択され、英文原文で、35ページに及ぶ文書に纏められている。

2030アジェンダの取りまとめや採択に当たっては、国際協調主義を国是の一つとしている日本としては、積極的に関与し貢献したようだが、細部についてはここでは省略する。

 

2030アジェンダ文書全体の構成は、以下の様になっている。

 

●「前文」 Preamble

 新たな目標に向かって船出するにあたって、

   誰一人として置き去りにしない

   no one will be left behind

という、高い理想を掲げている。

 

 また、開発を進める重要分野として、以下の 5Pを提示している。(ネット画像より) 

  

●宣言 Declaration (本稿では、Dec.と略)

 文書では、全体で、91の宣言に纏めている。

  ・導入    Introduction  Dec.1~6

  ・ビジョン  Our vision    Dec.7~9

  ・原則と関与 Our shared prinsiples and comitments   Dec.10~13

  ・今日の世界 Our world today  Dec.14~17

  ・新アジェンダ The new Agenda  Dec.18~38

  ・実現手段  Means of Implementation Dec.39~46

  ・フォローアップと評価  Folloe-up and review Dec.47~48

  ・行動の要請  A call for action to change our world   Dec.49~53

 

◇Sustainable Development Goals and targets

                                              Dec.54~59

 

 Goal 1~17 一覧表

 これら17の目標を、英語と絵文字で表示したものが下図である。やや、聞き慣れない表現もある。(ネット画像より) 

 

下図は、日本語に直したものだが、分かりやすくする工夫がみられる。((ODA)持続可能な開発のための2030アジェンダ | 外務省

 

            ((ODA)持続可能な開発のための2030アジェンダ | 外務省

 

THE GROBAL GOALSとして、17の目標(SDGs)と169のターゲット(到達指標)にまとめられているが、各々の詳細については省略。 

 

◇実現手段とグローバル連携  Dec・60~71

 (詳細は略)

 

◇フォローアップと評価    Dec.72~91

   ・国内レベル

   ・地域レベル

   ・グローバルレベル 

                 (詳細は略) 

 

◎ 用語について 

採択された文書には、余り聞き慣れない英語表現が良く出てくる。これらを以下にまとめた。

 ( n 名詞   a 形容詞   v 動詞 ) 

*agenda n アジェンダ

 もともとは、会議等での事務的な協議事項、議題等の意味。 

 目標年を入れ、全体を、言いやすい、「2030アジェンダ」としたセンスは見事だ。

 

*sustainable a サスティナブル 

2030アジェンダでは、

   Sustainable Development Goals;SDGs持続可能な目標

と呼ばれ、開発を進める上で、“sustainable”という言葉が多用されている。

この言葉は、

   持続可能な、継続性のある、

ということで、継続できる仕組みをもっていて一時限りでない、という意味で、

   sustain v 維持する 支える

からきている。名詞は、

   sustenance n 継続

である。  

 

*regilient  a  レジリエント

 これも、アジェンダに良く出てくる言葉で、元の意味は、弾力ある、柔軟な と言う事だが、

   逆境に強い、災害に強い、強靭な

と言った意味が含まれているようだ。 関連語は、

   resilience n 弾力 回復力 復元力 強靭さ

   resile v はね返る 

である。

 

*inclusive a インクルーシブ

 これも多用されていて、“包摂的な”、と訳されているが、社会的に切り捨てないで包含している、と言う事のようだ。

 関連語は、動詞は、

   include v

である。また、反義語は、

   exclusive  a 排除された 排他的な

   exclude   v 排除する

である。

 

*gender n ジェンダー

生理的な性sexに対して、社会的な性をgenderというようだ。

   feminine gender  女性

   masculine gender 男性

性的マイノリティーを表すLGBTも、この社会的な性に含まれる。

 つい先日のTVニュースでは、X ジェンダー(男でもない、女でもない)の集まりのニュースがあった。

  

◎ MDGsは、途上国支援が主体だったが、SDGsは、先進国にも等しく適用される、ユニバーサルな性格を持っている。

 開発のために不可欠な、資金的な側面については、アディスアベバ行動目標(開発資金国際会議(2015.7 アディスアベバ)で採択)で、示されている。 

 言うまでもなく、目標として掲げている17SDGsを、どのように実現するかがポイントとなる。

このアジェンダ2030で示されている約束事は、国際条約になるのかどうかは良く知らないが、実施手段とフォローアップレビューについて、各国政府(先進国、途上国)や、各国際組織等の、役割分担や義務事項がどのように明確にされていて、どのように評価されるのか、気になるところである。

 SDG13では、地球を守るために、気候変動対策の具体的なアクションが掲げられていて、パリ協定が引用されている。このパリ協定は、昨年採択され、条約として各国で批准されているのだが、アメリカのトランプ政権が、これからの脱退を決めたことで、先日のG7の環境相会議が、ガタガタになってしまっている。条約ですら、簡単に反故にされるのだ!

  

余談だが、原文は、高い理想を含む格調高い文章であり、英文の教材テキストとしても興味深く、時間があれば、よく読んでみたいものだ。

 

次稿では、日本のアフリカ支援に関するTICAD等について取り上げることとしたい。

 

 

 

ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アフリカの諸国   5 | トップ | アフリカの諸国     7 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。