つれづれの記

日々の生活での印象

アフリカの諸国  2

2017年05月15日 15時04分23秒 | 日記

2017年5月15日(月) アフリカの諸国  2

 

 

 アフリカシリーズの第2弾である。

 前稿では、アフリカの地理について取り上げたが、今回は、アフリカの、地域的な区分や、発展段階別の区分等について話題にしている。

 

 

◇国連の地域区分

 国連では、アフリカの国々を、下図のように5地域に分けている。それぞれの気候条件の違い等もあり、地域毎の経済活動のまとまりともなっているようだ。    

                                   

 北アフリカ地域を除く、サハラ砂漠以南全体を、サブサハラ(ブラックサハラ)と呼ぶようだ(スーダンを含む)。北サハラ地域は、アラブ人が主だが、サハラ以南は、黒人が主となっていることから、こう呼ばれているようだ。

 

 

◇ 開発状況による分類

 国際的には、開発状況によって、国々を、以下のように分類している。

*先進国  Developed  Country(先進国 - Wikipedia 参照)

 先進国か否かを判断するために、各種国際機関等により、8つの各種指標(後述のGNI、HAI 等)が挙げられている。 

・これ等全てを充たす国は、以下の24ヶ国のようだ。

    西欧(英、独、仏、伊など18ヶ国)、北米(米、加のみ)、東アジア(日、韓のみ)、

    オセアニア(豪、ニュージーランドのみ)

・各種指標を部分的に充たしている国は、26ヶ国あり、両者を合わせると、50ヶ国となる。

・先進国は、OECD加盟国と、重なる国も多いようだ。

  

*後発開発途上国 Least Developed Country:LDC  48ヶ国

  最も開発が遅れている国々をこう呼んでいるが、以下の3条件で判断・区分されているようだ;

     ・所得水準が低い  GNI(国民総所得)992米ドル/年・人 以下

     ・人的資源に乏しい HAI:Human  Asets  Index(人的資源開発程度を示す指標)が一定値以下 

                      カロリー摂取量、乳幼児死亡率、就学率、識字率から算出

     ・経済的に脆弱だ  EVI:Economic Vulnerability Indexが一定値以下

  不名誉だが、最貧国などと呼ばれることもある。

 

*開発途上国(発展途上国)  Developing  Country 

  上記の、先進国、後発開発途上国以外の、多くの国々 

 

 

◇LDCの状況

 2016年現在、世界で、48カ国が指定されている。(3年ごとに見直し) アフリカの多くの諸国(北アフリカ・南部アフリカ・一部の中部アフリカ 以外)の他、アジア、オセアニア など。

前記の3条件をクリアすると、LDCの指定が解除されるが、今後2025年までの指定解除(卒業)の見通しは以下のようで、アフリカの後進性が際立っていることだ。  (後発開発途上国 - Wikipedia等 より)

           2016現在 2025  記事

    アフリカ    34      30  大半が残留(卒業見込みは4ヶ国のみ)

    アジア      9       1  カンボジアのみ残留

    オセアニア   4       0

    北アメリカ    1       1  ハイチのみ残留

     計       48      32 

 

アフリカのLDCの状況を下図(青色)に示す。

図中の緑色の国は、最近、LDCを卒業した、以下の国である。

   ボツワナ(1994)、ケープベルデ(2007)

又、図中の青色のイエメンはアジアだが、2025年には卒業見込み。

     

 

 

 

 

 

ジャンル:
海外
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アフリカの諸国  1  | トップ | アフリカの諸国   3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。