つれづれの記

日々の生活での印象

アメリカの産業  - 農業

2017年02月11日 21時35分03秒 | 日記

2017年2月11日(土) アメリカの産業 -農業  

 

 安部総理とトランプ大統領の、注目の日米首脳会談が、現地の10日(JSTの今日の早朝)に行われ、共同声明も発表された。この件については、改めて取り上げる予定である。 

アメリカを知り、特に州を知る目的で、これまで、各方面からアプローチしてきたが、今回は、アメリカの産業の面から迫ることとし、農業の話題である。 

 

○ アメリカの農業の耕地面積

  産業の中で、地理的条件と密接に関係するのが農業だ。

世界の国々の中で、耕地面積の大きさと、国土全体の中に占める耕地面積の比率を見ると、主な国では、以下のようになっている。

対比するため、世界平均と、日本、G7メンバーのデータも示している。 

国名                耕地面積    耕地面積比率

中国          514万km 54.8%

アメリカ        408       44.6

オーストラリア    405       52.7

ブラジル        275          32.9

ロシア         214       12.7 

カナダ          65         7.1

---------------------------------------------------------------------

世界平均        23.9      38.1

---------------------------------------------------------------------

フランス        28.8      52.6

イギリス        17.1      71.0

ドイツ          16.6      47.8

イタリア        13.7      46.6

日本            4.6     12.4     

 

 上表をみると、アメリカは、アラスカ以外は、殆どが温帯に属し、高地や砂漠や荒地も少なく、別格といえるだろうか。

中国も、温帯地域が多いが、西域の砂漠地帯や、チベットなど高山地帯もある。オーストラリアは、中央部は、荒れ地や砂漠の印象が強い。ブラジルは、熱帯雨林や湿地帯が多いだろうか。

 又、ロシア、カナダは、国土は広大だが、寒帯地域がかなりの部分を占めている。 

 アメリカとカナダは別として、G7メンバーの欧州諸国や世界平均と比較してみると、日本の、耕地面積の狭さと、国土に占める比率の低さに、改めて驚かされたことだ。

  

○ アメリカの農産物

 アメリカは、世界に冠たる農業国である。アメリカの農産物生産量が世界に占める比率は、以下のようだ。(2014/2013年統計)(中学地理・世界の農作物・統計資料 : なるほどの素 など)

 農産物       世界順位  世界のシェア 他国

 小麦       世界4位   7.6%      1位中国 2位インド 3位ロシア

 トウモロコシ 世界1位   35.3%      2位中国 3位ブラジル  

 大豆       世界1位  35.0%      2位ブラジル 3位アルゼンチン

 綿花       世界3位  11.6%      1位中国 2位インド 

 下図は、上記のアメリカの主要農産物等の、地域分布を示している。図中の、Xは、年間降水量が1000mm、Yは500mmを表している。又、Zは、西経100度の経線であるが、年間降雨量500mmの線Yと、おおよそ、一致している。

  

  前稿でも触れたように、アメリカの地理的な平原の構成(グレートプレーンズ、プレーリー、中央平原)と年間降水量などから、図にあるように、おおよそ、この経線Zを境に、利用形態が変わるようだ。(地理B より引用)  

 Zの西側は牧畜地帯で、山岳地帯の高地や平原では、牧畜がおこなわれているようだ。一方、小麦の栽培は、主に、このゾーンでおこなわれている。

Zの東側は、畑作地帯で、グレートプレーンズから、プレーリーや中央平原まで、次項のように、各種農作物が生産されている。 

 

○ 農作物の国内生産地の分布

●小麦

 カナダからアメリカにかけて、生産されている小麦(春小麦、冬小麦)である。北部は、気候が厳しいため、暖かくなった春に播きつけ、南部は、気候が温暖なため、秋播きして越冬させるようだ。収穫量は、秋播きが多く、日本では、秋播きが普通である。

州で言えば、

  春/春・冬小麦:ノースダコタ サウスダコタ モンタナ ワシントン オレゴン

  冬小麦    :オクラホマ コロラド カンザス ニューメキシコ テキサス

下図は、アメリカの機械化農業を示す風景で、信じられないスケールの大きさだ。何の作業をしているところかは定かではないが、小麦収穫後の、整地作業だろうか。

―自然農法に想う!― - 新プランター野菜栽培への誘い より) 

   

●トウモロコシ

 東のプレーリーから中央平原にかけてはトウモロコシで、コーンベルト(CornBelt)と言われる。 用途は、家畜用飼料が約40%、燃料用エタノールが約30%で、食用は多くないようだ。 

州では、

   アイオワ イリノイ ネブラスカ ミネソタ 

で全米の41%、他に、ミズーリ インディアナ オハイオ などだ。 

 トウモロコシが、人間の食用ではなく、燃料用エタノールの原料になっているというのは、かなりの驚きだが、少し以前だが、世界的に食糧不足になった時、“人間と車と、どちが大事か”、と大きな話題になったことがある。

 

● 綿花

 南部は、綿花栽培が盛んで、コットンベルト(Cotton Belt)と言われる。図の州では、

     テキサス ルイジアナ ミシシッピ アラバマ ジョージア

だが、テキサス カリフォルニア ジョージアが、主要3州と言われる。図では、カリフォルニアは入っていない。

 独立戦争当時の綿花栽培は、奴隷を使った手作業だったが、現在は、多くの作業が機械化されている。(下図左)機械で綿の実を収穫するのは結構面倒だろうか。(タオルリポート より)

上述のように、綿花生産量では、アメリカよりも、中国、インドが多いが、これ等の国々では、現在でも、人手による作業が多いように思われる。(下図右 ネット画像より)

   

         綿花収穫(アメリカ)                綿花収穫(インド)

●先の図には、入っていないが、大豆も、アメリカの主要農産物の一つだ。州別では、下図のような状況だ。数字は、国全体に占める比率である。

 州では、主要な所は、

   アイオワ イリノイ ミネソタ インディアナ ミズーリ オハイオア 

で、上位4州で全米の44%、上記6州で58%を占めている。

● 酪農

 図にあるように、五大湖周辺からニューイングランドにかけては酪農が盛んである。家畜として、牛、豚、鶏などを育成し、ミルクや肉を生産している。

州では、

   ミネソタ ウイスコンシン ミシガン オハイオ ペンシルバニア ニューヨーク 

などだ。

 一頃、BSE問題で、日米間の大きな争点となった、米国産牛肉の生産・加工も、この地域だろうか。

 

●その他

 図にあるように、以下のような農業も行われているようだ。

    東海岸     園芸農業  :  花卉

    フロリダ    亜熱帯作物 :  パイナップル バナナ

    カリフォルニア 地中海式農業:  オレンジ ぶどう オレンジ 米

 カリフォルニアでは、海岸線と並行しているシエラネヴァダ山脈の関係で、雨の少ない地中海性気候の地域があり、砂漠もある。

 

 ○ 農作物の集散や加工工場

 農作物の集散地や食品加工工場などは、産地の近さと輸送の利便性等が重要な立地条件だが、適当なデータは見つからなかった。

ただ、イリノイ州のシカゴには、食品関連工場が多く立地していると言われており、大豆やトウモロコシなどを扱う商品先物取引所がある。

又、ミシシッピ川の沿岸に発展した、ミズーリ州 セントルイス周辺も、農産物の集積地になっているようだ。

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカの自然   4  平原 | トップ | アメリカの産業  -サンベルト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。