つれづれの記

日々の生活での印象

新東京都知事  続その後

2016年10月16日 22時05分48秒 | 日記

2016年10月16日(日) 新東京都知事  続その後 

 

 先日の10月1日は、都民の日だったが、土曜と重なったせいか、やや、印象は薄かった。

このところ、時の人である小池都知事の関連では、当ブログの下記記事

     新東京都知事    (2016/9/6)

     新東京都知事 その後(2016/9/30)

で取り上げてきたところだ。 

 9月23日から始まった都議会の冒頭で、都知事の初の所信表明演説があり、TV中継され、視聴したことだ。 

その時の草稿がネットで入手できたので、これをもとに、ゆっくり、内容を確かめてみた。(平成28年第三回都議会定例会知事所信表明|東京都)     

               

  今回のブログ記事では、現在、大きな話題になっている、築地市場移転問題や、オリ・パラ施設等に関しては、触れずに次稿に回すこととし、一寸視点を変えて、所信表明演説に数多く出てきた言葉や、気になった横文字の用語等に注目して、取り上げることとしたい。 

 

◎都政運営に対する基本姿勢

●都民ファースト

  基本中の基本として、「都民ファースト」という言葉が、これまでも、演説でも、何度か使われている。一都民として、この言葉から受ける印象は、当然の姿勢と思うのだが、悪い気はしない。

でも、スローガンとして言うのは簡単で、掛け声倒れに終わる可能性もある。 

この言葉に類似した、同義語(シノニム synonym)としては、

     アスリートファースト、レディファースト、お客様第一、国益最優先

などがあろうか。

一般的には、反義語(アントニム antonym)をイメージすると、元の言葉の意味が、更に良くわかることも多いが、都民ファーストの反義語は、何だろうか?

     「役人ファースト」 「議員ファースト」 

等だろうか。公務員としての自分の職場での保身や、自身の生活や利益を優先するということだ。職場では、改善意見は抑えて、できる限り前例に従う、となるだろうか。これらは、筆者も含めて、身に覚えがあることなので、理解しやすい処世術だ。

  都には、行政窓口などの一般公務員の他に、

   ・教育関係者(先生)、警察・消防関係者  約13万人

     ・公営事業関係(病院、交通、上下水道等  約 2万人 

など、大変な数の職員がいて、全体で、16万8千人にも上るようだ。  ((表8)職員数の状況|東京都 )

  通常の会社では、

           会社ファースト

で、会社のためなら、法や社会常識に反することも、承知の上でやることもある。 公務員、会社員を問わず、働いて賃金をもらい、己の生活を維持することが、大前提なのは言うまでもない。

 

  知事は、演説の最後の締めくくりとして、元東京市長である後藤新平の、「自治三訣」を、引用している。

本稿では、この自治三訣も、都民ファーストに通じる、基本姿勢のひとつと見て、ここで取り上げることとした。

「自治三訣」は、以下のようである。

      ①人のお世話にならぬよう

      ②人のお世話をするよう

      ③そしてむくいをもとめぬよう

このような先人の言葉があることは、筆者はほとんど知らなかったが、「公僕の精神」として、ボーイスカウト等で、言われたようだ。 公務員は、以前は、「公僕」とも呼ばれたが、今は死語に近いだろうか?

 世に、個人を中心に見た場合の、社会全体での援助として

    自助:自身で支える(家族を含めて)

     共助:近隣・地域での支え合い(ボランティアを含む) 

     公助:公的機関(自治体等)による支援

があると言われる。

  時代背景は異なるものの、上記の観点から、「三訣」の①~③について、筆者なりに考察して見ると、以下のようになろうか。

 ①は、自助ということで、自立の精神と、健康な生活の勧めと言える。

    当時は、他への依頼心は弱みでありこれを抑える、とされている。

 ②は、共助ということで(当時は互助と言われたようだが)、お節介と社会奉仕の精神で、お互い

        様ということで、震災時等には、大いに発揮される。

        公務員としての、仕事上でのサービス精神も含まれよう。

①、②、ともに、誰にでもわかる、極めて平易な言葉なのが、印象的である。 

でも、病気になったり、仕事がうまくいかなくなった時は、①も、②も難しくなる。このような状況を補完するものとして、公助があるだろうか。

  日本には、古来、人の世話になる(人を頼る)のを、潔しとしない風潮があるが、当時としては、どこまで、公助を想定していたのだろうか。 現代では、公助を求め、利用することは、憲法で保障された、基本的人権の一つとされている。 

③も、平易で分かりやすい言葉で、公僕としての自身に対して、地位を利用して袖の下を求めたくなる誘惑を自制する、戒めの姿勢であり、無償の奉仕とも言える、極めて重い言葉である。

先日のTV報道によれは、国家存亡の危機状態にあると言える、アフガニスタンでさえも、行政サービスを受けるには、賄賂が当たり前の状況という。中国等でなら分かるのだがーー。

  以前の官業等が、戦後になって、大幅に民業に移行している現在、公務員だけでなく、教育、運輸、情報通信、金融関連、医療等の民間事業の関係者も、公的な性格を帯びていることが多い。

これらの事業の関係者にも、①、②、③の三訣は、当てはまるだけでなく、人間関係一般でも、広く通用する言葉だろうか。 

●都政の透明化 

  知事は、選挙の当初から、密室やブラックボックスでの非公開をなくし、情報を公開し、見える都政、分かりやすい都政とすると公言し、知事就任後は、すぐに実行に移している。

都政改革本部の設置と各PTの活動がすでに始まっているが、ここでは詳細は省略する。

今後は、巨大な伏魔殿と言われた都庁や都政の様子が、少しずつガラス張りになっていくことだろうか。

  知事は、豊洲問題等の解明のためとして、内部告発制度(公益通報)を始めるようだ。このシステムは、組織が、コンプライアンス(法令遵守)を維持するための、現代の有力な手段ではあるが、なんといっても、職員1人1人の自覚と意識改革こそが、最後の決め手となろう。 

●ワイズスペンディング wise spending

   浪費を抑え、後世への負の遺産(レガシー)をなくして、税金の有効利用をはかることのようだ。

著名な経済学者ケインズの提唱している、将来を見据えた賢明な資金の使用と投資をする、という経済用語が、基になっているようで、素人目には、至極、当たり前のことに見えるが、横文字になると、都政の立派な柱になるから不思議! 

  知事給与を半減する議案が話題になっていて、議会最終日に、そのように議決されたようだ。筆者は、八面六臂の多忙さという業務の中身からみて、都知事の給与は、高すぎて無駄金だ、とは全く思わないのだが、選挙公約の一つとして、有言実行するのは、けじめであろう。

副知事以下、都議や、都庁職員の給与の話まで、発展させる意図はないと、知事は明言しているが、関係者には、無言のプレッシャーにはなるだろうか。

片や、各地の地方自治体で問題になっている、議員の特別調査費という、みみっちい話題もある。

  

◎目標とする未来像「新しい東京」の3つの都市イメージ

  都民フーストの都政を展開し、都政に対する都民の信頼を回復したその後に、 サスティナブル(sustainable 持続可能な)な首都東京を作りあげるために、 3つのシティを実現するとしている。

            

1 ダイバーシティ :都民誰もがいきいきと活躍できる

<用語>ダイバーシティは、 

       diverse (形)  異なる

       city    (名)  都市

とを結合して、

    diver(se)+city=divercity

とした、造語と思われる。

 同じ語源で、

    diversity (名)  相違 多様性 

という言葉があり、これと重ねた意味を持たせているようだ。 

  国連の条約に、生物多様性条約と言うのが有り、正式名称は、

     Convension on iological iversity (略称  CBD)

である。この締約国会議(COP10)が、2010年11月に、名古屋で開催された事で、当ブログでも取り上げている。

この地球環境保護活動は、文字通り、地球上の生き物の多様性(biolological diversity)を如何に守っていくか、ということだ。

 小池知事は、divercityの意味の中に、男も、女も、老人も子供も、健常者も障害者も、分け隔てなく暮らせる社会をイメージしているだろう。

自分の好きな言葉で言えば、排他的なホモジニアスの社会ではなく、寛容なヘテロジニアスの社会である。

 

演説の項目は以下のようで、詳細は省略する。

<待機児童問題>

  待機児童解消に向けた緊急対策での3本柱

  東京の子育て環境の充実

<働き方改革>

  ワーク・ライフ・バランス→ライフ・ワーク・バランス

  都庁での「イクボス宣言」→ 職場のルールを変える

<一人ひとりの希望を応援>

  地域包括ケアシステム

  ソーシャルファーム  障害者が働ける場

  教育支援と人材の育成 意欲ある子供の就学支援

 

2 セーフシティ :安全・安心・元気な

 <用語>

      セーフシティ:safe(安全な) city

<都民目線で災害に備える>

   主要道路沿線の耐震化、不燃化

   防災面からの無電柱化の推進

<地域社会を安全・安心・元気の要に>

   災害時の共助と日常的な絆

<多摩島しょ振興>

   地域の特性を生かした持続的発展

 

3 スマートシティ :世界に開かれ、成長を続ける

  <用語>

  スマートシティ:smart city

  この言葉は、狭義には、先進技術を活用して電力の有効利用等を図る、環境配慮型都市というものだが、現在は、このエネルギー制御だけでなく、生活全般、経済活動、都市交通、行政活動等も包含した、拡大した概念のようだ。 

東京は、日本の成長のエンジンであり、以下のような最新技術の活用を進める。

        IoT:nternet f hing

        AI :rtificial telligence

        フィンテック:Financial Technology

 <環境先進都市・東京>

   低炭素社会の実現

   もったいない精神 

<再び国際金融の中心へ>

   大手町~兜町地区を世界の金融センターに

<持続可能な成長に向けて>

   東京のブランディング 

      伝統工芸品や都市農業

   インバウンド(外国からの来訪者)の増加  

 

⇒これらの政策を具体化した、「2020年に向けた実行プラン(仮称)」を、年内を目標に策定し、来年度予算に盛り込む予定と表明している。合わせて、2020年以降の東京の未来像も描くとしている。

果たして、お題目だけでない、どのような具体案が示されるのか、新知事の指導力、調整力、実行力等に期待しながら、待つこととしたい。 

 

この後の演説では、オリンピック、パラリンピック関連が出てくるが、これらについては、ここでは省略し、次稿で取り上げることとしたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Brexit  4 | トップ | パクチーと香味野菜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。