GOOBERリール日記

リールの修理、オーバーホール、チューニングの日記です
mail gooberreel@gmail.com
 

Ambassadeur 5600CDL #770304

2015-04-26 14:12:10 | ABU

Ambassadeur 5600CDL #770304

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ambassadeur2500C #751100 調整作業後

2015-04-26 10:11:14 | ABU

Ambassadeur2500C #751100 調整作業後

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ambassadeur 5500C garcia

2015-04-19 10:14:57 | ABU

Ambassadeur 5500C garcia

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ambassadeur 6500CA

2015-04-17 17:08:18 | ABU

Ambassadeur 6500CA

スプールシャフトが少し歪んでいますので、ブレーキの掛かり方が早いのが残念です。
ですが通常のご使用時はブレーキブロックを装着しますので、このくらいの方がかえって使い良いかもしれませんね 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Shakespeare President 2 1982

2015-04-10 16:54:25 | その他

Shakespeare President 2 1982

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Ambassadeur 2500C POPEYE SPECIAL

2015-04-09 17:52:46 | ABU

Ambassadeur 2500C POPEYE SPECIAL

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ambassadeue 4500 Bronze bush

2015-04-08 18:01:33 | ABU

Ambassadeue 4500 Bronze bush

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ambassadeur 2500C 調整作業後

2015-04-06 17:24:53 | ABU

Ambassadeur 2500C 調整作業後

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ambassadeur 2500C

2015-04-05 10:05:26 | ABU

Ambassadeur 2500C Ambassadeur 2500C


ノーマルのスプールでの回転です
スプールにラインが入っているのでスプール自体の自重があります。ですのでこのように回っています。
動画と同様に実際のキャスト時も、スプールが回り続けようとするので、自ずとスプールからラインがスムーズに放出し続けようとします。ですのでロッドの反発力から放出されたルアーにブレーキ、抵抗がかかりにくくなり飛距離が伸びるのであります
ただし初速が早くなり過ぎればバックラッシュし易くなり、それを防ぐために初速をコントロールしなければならなくなり・・・
 Ambassadeurの良いところはレベルワインダーがスプール回転と同調して程よいブレーキ、抵抗がかかっておりバックラッシュしにくくなっています、機械的なブレーキですね(最初からこのブレーキを狙って設計されていたのでしょうか?疑問でありますがやっぱりAmbassadeurって凄いな〜と思います)
 スプールが軽い方が良い、ある程度重い方が良い
これは投げ方によって好みの分かれるところですので、お好みで選ぶと良いと思います、ですが大半の方は初速の早いキャストをされていないと思いますので最初はノーマルスプールからで良いのではないでしょうか と思う今日この頃です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Ambassadeur 2500C

2015-04-04 17:13:13 | ABU

 

#83-1のフレームのAmbassadeur 2500C

 


 

良い出来上がりの25Cはスプールの軸にベアリングとアルミギヤを載せなくても良く回るので、ここしばらくはスプール軸にアルミギヤとベアリングの取り付け作業をあまり行っていませんでした
スプール軸にベアリングとアルミギヤを載せ出して20数年・・・最初は俺って天才かもって思っていましたが、やっぱり天才でありませんでしたよん。
今は、25Cは、この作業をしなくても十分に良いと認識してます。

ですが、ロングキャストより近距離の軽いものを投げるとか使い方によってはこの方法も合う個体があるようです、一長一短ですかね

今回はお客様のご希望もあり、Availのスプール軸にアルミギヤ&ベアリング取り付けを行います

この画像のノーマルのスプールは

作業の調整の出来上がりを確認するのに重いノーマルのスプールの方が判りやすいので、たまにアルミギヤとベアリングを簡易に取り付けます。
この時に便利なのがゴム管(自分はシリコンチューブを使ってます)です
これだと取り外しが簡単なんで、取り付けた時、外した時も同じように良く回るか判断するのに良いんすよ〜



コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加