GOOBERリール日記

リールの修理、オーバーホール、チューニングの日記です
mail gooberreel@gmail.com
 

US SHIMANO CURADO CU-201

2006-11-29 13:31:30 | SHIMANO
ボートシーバスにて酷使されている CURADO CU-201 のオーバーホール
ここまで気合の入ったリールは久しぶり・・・前にきつかったのは やっぱり同じオーナー様か・・・


見た目は綺麗なんです!
まずはパーミングカップを外して

まあ 予想はしてましたんで 想定内っすか
でもスプールが外れません びくともしない
スプールシャフトとベアリングが錆び付いてます

なんとか外してみる シャフトの先っちょベアリングが当たるところが錆びてますね

ベアリング側もしっかり錆びてますね ハンドルシャフトのベアリングもしっかり錆びてますね


この状況だと中は・・・


塩ってますが期待していたほどでは・・・
でも所々

しっかり塩ってます 
ちょっと擦ってみると

大きくはならなかったけど こんなに!!

このまま一気に分解して クリーニング

やっぱり塩が所々付着してますね~

レベルワインダーも

擦ってみると ピカッっと

そんなこんなでクリーニングしたら組み立てです
レベルワインダーを組み付け

ハンドルシャフトを載せて

クラッチ周りを組み立て

ギヤを載せて

蓋して終わり


ハンドルの取っ手の回転が重いのでクリーニングします


完了

今回はベアリング2個交換でした



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« KEN craft EXCIA | トップ | CALCUTTA CONQUEST 200DC »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (北村)
2017-03-20 13:14:01
私もこのリールを持ってるんですがスプールが外れません!どうやって外したのか教えて頂きたいです!お願いします<(_ _)>
Re:Unknown (goober_goober)
2017-03-20 14:19:30
北村様

ご覧いただきましてありがとうございます

なにぶん古い記事ですので覚えておりませんが
錆び付いているのでありましたら、先ずは叩きます。
ただむやみに叩きますと壊れますのでご注意下さい

無事に取れますように!

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。