加齢を愉しむために

未来に希望を抱けるように生きたいという願望を叶えるために如何に行動すればよいのかを探してみたいと思っています。

4月の出来事

2010年04月23日 | Weblog
ときめいています

娘のコンサート、同窓の方々との1泊2日のゴルフ親睦会、インドネシア大使公邸訪問という今の私にとっては刺激的な体験を愉しみました。
もうゴルフを楽しむことも無いと思い込んでいたのに、思わぬ成り行きで10年ぶりに、同窓のゴルフ親睦会に参加する機会を得たのです。
私の経験して来たゴルフは何時も主人と一緒で、準備から全てお任せの依存ゴルフでした。
今回初めて独りで参加することになり、今までとは違う経験をしました。
先ず準備段階で練習に向う気持ちがぜんぜん違ったのです。
何とか仲間の皆さんに迷惑をかけないようにと、この一ヶ月程はちょっとの暇を見つけては近くの練習場に独りで通いました。(以前には無かったことです)
ゴルフ場は富士桜カントリー倶楽部(男子ツアー『フジサンケイクラシック』が開催されるところ)です。
プレーの結果は予想通り最下位でしたが、兎に角最後までプレーできたことに満足しています。



女友達だけで泊りがけで遊びに出かけたのは学生時代以後初めてと気付き自分でも驚いています。
電車でのおしゃべりを愉しみ、満開の桜と雄大な富士という素晴らしい景色を堪能し、野天風呂での親しい会話に笑い、夕食のテーブルでは寮生活の頃の気分に戻ることができました。
夜遅く帰宅したのに、次の日は急に入った用件(インドネシア大使公邸訪問)に参加しました。今までの私でしたらきっと無理と諦めていたと思います。

ゴルフ親睦会の皆様の溢れるばかりのエネルギーに刺激を受け、さっさ~??と着物を着て出かけてみました。結果はとても楽しい時間を持つことができました。
第24回PPSEAWA国際会議(バリ)の準備の一環でもありました。

この記事をはてなブックマークに追加