Yassie Araiのメッセージ

ときどきの自分のエッセイを載せます

朝日記161013 Trump氏への提言と’ゴジラ侵入の東京’、そしてきょうの絵

2016-10-13 11:52:34 | 政治

朝日記161013 Trump氏への提言と’ゴジラ侵入の東京’、そしてきょうの絵

 きょうの絵は 「憧憬のヴェネティア」です。

徒然こと 1 「ゴジラ問題」が現実の東京

おはようございます。高圧電線の地下ラインでの火災での停電は、ゴジラ侵入をイメージする大都市システム特にハード構造ネットの危機感を感じました。TVでは池袋駅での混雑を映していました。安部さんのところは、いかがでしたか。ドライアイス封入で「ゴジラ」を抑えたところでしょうか。  (今回も日本の化学企業の活躍か)A.P.(arakawa peil)という東京の水位ゼロ標識を最近知りましたが、神田川など荒川系の堤防決壊で大手町まで地下壕線まで水がくると、KDDの国際通信が機能不全になり、日本の情報通信系が壊滅するということをなにかでよみました。また、津波の最大高さ6メートルとしていることを豊洲の専門家会議資料から知りますが、この数値の妥当性など 「ゴジラ問題」からの見直し問題が現実感を持ちます。東京そのものの一極構造への危機感もありますね。

 (憧憬のヴェネティア)

 

徒然こと 2 トランプ氏のfacebookへの投稿

これは、2012年先回のRomneyとObamaの大統領候補のディベートのころにワッシントンポストの公開討論に投書したものの内容を、ほぼそのまま使いました。Pax Americanaを再建する7つのポイントといったところです。

 Trump facebookへの投稿 2016/10/12

https://www.facebook.com/DonaldTrump/?fref=ts

(原文)

 · 0:00 Hello, Mr. Trump. I am a Japanese, retired scientist, male, 1938born.
Below was my proposition delivered as my comment at four years,2012 ago at An election-year ploy: Get tough on China
held at Washington Post.during the Romney and Obama debates. Unfortunately, at that time, they have little debate on foreign affairs.
I think this my proposition has keeping of a big meaning for your country and Japan. So, I hope you read it.

(My proposition)
We remember, especially my generation is grown by quite big and generous support from America, in disasterous poor society after the War. Majority of here,Japan, has still keep to feeling thanks to you.
So,
 I pick up seven points for the sake of your vital strength;
First,
 the most unfair problem ,I think, is what the Chinese government have persisted for long years to keep their currency Yuan, lower than that of US and others; dollar.
Second, America should lean to build the more strong manufacturing industry, as a core strategy, which would make more jobs.
Third, Monetary leading is surely making some people rich, but they are late effect of realization to make more employment.
Fourth, America should pay more concern and stand close with her colleague like Japan ,Germany, yes, Britain.
Fifth, "Pax Americana", as theoretical and pragmatic scheme, should be newly reviewed and clearly be materialized for re-built up.
Sixth, "Free trade share in charge" concept should be justified.
For instance, the rest of countries, other than America are now benefitted from peace guaranteed through power and trust under you, "Big brothers".
So,
 this charge is to be justifiable under theoretical and pragmatic institution.
Seventh, environmental charges are to be also reminded in this context.
Thanks, Yassie.
~~~
God, Bless you, Mr. Trump !
fromYassie Arai 2016/10/12 Tokyo.

 

憧憬のヴェネティア

徒然こと 3  トランプ氏はトム・クルーズになるか

 第2回のPresidential Debateはネットで見ました。ロッカールームの会話です。あやまりますということで、外連味なく謝って、そのまま、強いアメリカとアッピールするところは、唖然とさせ、かえって、指導者としての、へこたれない力強さを感じさせました。 Clinton氏があきれて、これがDonald Trumpですよ、と吐き切り捨てましたが、あまり効果的でない印象でした。

直後の各層の反応も、Trump氏は絶対絶命から踏みとどまったという雰囲気でした。まさにトム・クルーズになるかというところです。

ところで、第1回から外交問題が前面ですが、日本、韓国、サウジアラビアが具体名ででてきました。特に 日本については、多かったとおもいます。

"Japan, Behemoth!"(日本、そうだ巨獣ビヒーモスだ!)とつぶやくところです。ビヒーモスは、カバに似た架空上の動物です。 レヴァイアサンは鰐に似た架空上の動物で、ともに旧約聖書のヨブ記 40章に出てきます。神が創造した強力無比のものとして出てきます。その創造の意図はわかりません。 善にも、悪にもなる得体のしれない存在であることに、ふと、アメリカ人がとらえた日本のひとつの存在イメージとして 見ました。

今朝の日経に、Trump氏の外交スタッフ責任者マイケル・フリン氏が来日していたことを報じています。TPPでなく、二国間協定として、特に日本の位置付けが要になることを 日経記者に語っています。 上の徒然こと 2は、4年前の私のワシントンポスト公開討論のときの投稿コピーです。本質的な状況は、変わっていないとみます。 むしろ、アメリカの世界指導力が極度に後退している状況です。東京の1938年生まれの老人の意見として、敢えて Re-build Pax Americanaを 彼に投げかけてみました。

 

 

 

 

『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝日記161009  トランプ候補... | トップ | 小池知事が残業短縮8時まで、... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL