6丁目のつぶやき

歩く、登る、耕す、聴く、造る、採る、乗る、見る、の写真ブログ徒然草

新潟市文化財 旧小沢家住宅

2017-07-17 | 旅行
500坪の敷地に
主屋とはなれ、三つの土蔵と庭園が
機能的につながった
明治豪商の住まいで
何度も火災に遭遇し
その都度再建した

新潟市文化財旧小沢家住宅を
見学しました





塀、住宅部、はなれ、土蔵、と
積雪を配慮した屋根をかけ
そこに生じた
それぞれの「間」が空間に
うるおいを与え
退屈させない
理想の住宅と羨ましいかぎりです







ゆったりとした空間の中で
豊かな生活が営まれたのでは



でも
今時こんなにお金は
かけられないと諦めの境地ですが
本物志向はこう言うことかと
認識しました
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 安藤忠雄の豊栄図書館 | トップ | 新造船ラベンダー »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
文化財 (屋根裏人のワイコマです)
2017-07-17 09:46:37
やはり、何度窮地に立たされても、家を
守る信念のようなものが代々伝わっていて
それが、家にも現れている  木造家屋は
日本本来の建築様式です。外からは地味に
見えても中の構造は想像以上ですね
歴史と共に文化が漂う空間です。

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL