フルートおじさんの八ヶ岳日記

フルートを吹きながら八ヶ岳ライフを楽しむおじさんの徒然日記

ヤマボウシとエゴノキ

2017-06-28 | アダージョの森

ヤマボウシ
湿り気が好きな木なので、今年のように雨が降らないと、花つきが悪かった。

花は真ん中の芯にあるところで、多数が球状に集合している。花に見えるのは総包片で4枚ある。

ヤマボウシの名前は、この白い総苞片を、頭巾をかぶった法師に見立てたことからつけられた。

秋に赤い実が熟れ、食用になる。深い赤に紅葉し、これはこれで美しい。
森の中にはピンクに染まる品種もある。

ヤマボウシ(山法師)
  ミズキ科 ミズキ属の落葉高木
  学名:Cornus kousa

 

エゴノキ
この木も、今年の湿り気の少なさで、花つきが鈴なりという感じにはならなかった。

“エゴイズム”とは、もちろん全く関係がない。名前の由来は、果実を口に入れると喉や舌を刺激してえぐい(えごい)ことに由来する。


果皮に有毒なエゴサポニンを多く含むので、石鹸と同じように使ったり、川に流して魚を麻痺させて捕獲するといった漁法もあったとか。

エゴノキ
 エゴノキ科 エゴノキ属の小高木
 学名:Styrax japonica

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 立てば芍薬といわれるだけある | トップ | ポールズ・ヒマラヤンムスク... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL