フルートおじさんの八ヶ岳日記

フルートを吹きながら八ヶ岳ライフを楽しむおじさんの徒然日記

ナニワイバラが満開の庭(Kitahoさん宅を訪ねる)

2017-05-18 | 庭探訪

今日もいい天気になった。
朝11時からのフルートレッスンに向け、8時半から10時まで、音階練習をやってから、レッスンを受ける箇所をおさらいする。
明野の鈴木フルート教室では、ケーラーMedium DifficultのNO10の2回目。
一通りは何とか吹けるのだが、テンポとリズムがひどいものなので、メトロノームでテンポを決める。
この練習曲はこれまでのエチュードぽい曲と違って、旋律がいい。前半と後半のテンポが変わるところがうまくいかない。

曲の練習は、BWV1020のAdagio。「伸ばしのところを単に数えているだけでは曲にならないですよ」との指摘を受ける。
先生がチェンバロのパートをフルートで吹いてくれて、それに合わせるという練習をした。まだまだだ。

その後、Kitahoさんの庭を訪ねる。先にお蕎麦を食べに行きましょうということで、台ヶ原宿の「くぼた」に行った。

昼時で人気の店なので、20分ほど待ったかな。蕎麦は自然なコシの感触がいい、豊かな味わいだ、それに、蕎麦の量も少なくないところもいい。

その後Kitahoさん宅へ 「バラ スブニール・ドゥ・ラ・マルメゾン」が咲き始めていた。

「完全に四季咲き木立性としての特徴を備えた代表的なブルボンローズで、花付きが良く横張り気味に茂ります。
管理はHT種などと同様、剪定することを基本にし、デリケートな色彩と美しい花容は見飽きることがありません。
甘いブルボン系独特の香りがあります。和名は「世界図(せかいのず)」。(姫野バラ園)


まだ花が開いていないので弱いが、嗅いでみると確かにいい香りがした。

雑草が綺麗に刈られた南面はナニワイバラが満開になっていた。(写真がちょっとまずいので申し訳ない)

畑ではカモミールがいい香りを放ってる。

Kitahoさんお手製のケーキ(こういうものの作るところが余人とは違う)を頂きながら、花談義は尽きない。

鳳凰三山方面がドーンと見えるデッキからの眺めは最高だ。いつしか5時を過ぎてしまったのでお暇する。
次回は、原種バラが満開になる6月中旬に寄せていただこう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新緑に輝く雑木林 | トップ | 春の雑木林の朝 その2(ヒ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しい一時でしたね。 (KITAHO)
2017-05-20 14:40:08
山栗 さん

こんにちは。
昨日は楽しい一時を、ありがとうございました。
Rosa.laevigata(ナニワイバラ)も紹介していただけ、嬉しいです。

私もアップしましたので、覗いてみてください。
http://kitaho321.blog25.fc2.com/blog-entry-1968.html

八重咲きのサンショウバラやキフツゲートの咲く頃、またお出かけくださいね。

その力の源は? (山栗)
2017-05-21 08:10:17
Kitahoさん、お世話になりました。
それにしても、毎日の精力的な活動にはただただ唖然としました。あの急坂を自転車で上り下りするとは、絶句ますね。

庭は、いろんな花たちが、実に多いく、瑞々しくそだっていますね。知識、興味の強さ、日ごろの庭仕事への情熱を感じられさせました。
バラの最盛期には是非寄せていただきたいと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL