フルートおじさんの八ヶ岳日記

フルートを吹きながら八ヶ岳ライフを楽しむおじさんの徒然日記

初めてムシカリが咲いた 5月の雑木林2

2017-05-16 | アダージョの森

<イカリソウ>

メギ科 イカリソウ属の多年草
別名:  碇草、錨草
学名:  Epimedium grandiflorum var. thunbergianum

庭に独特の姿で咲くイカリソウ。船の碇に似ているから名づけられた。
そういわれてみるとなんとなく碇の雰囲気がある。突きだしているのは距で中に蜜がたまっている。


<ムシカリ>
スイカズラ科 ムシカリ属
別名: オオカメノキ
学名: Viburnum furcatum

アダージョの森にやってきて7年が過ぎた今年、初めて花が咲いた。森の樹林下なので日当たりが悪いのだろうか、それとも水が少ないのだろうか。大きな葉に真っ白の花がよく目立つ。

 

 

<黄金シモツケ>

バラ科
別名:下野
学名:Spiraea japonica

シモツケという名前は下野国(しもつけのくに:現在の栃木県)ではじめて見つけられたところに由来する。ちなみに栃木だけではなく北海道から九州にかけての山地に幅広く自生している花木だ。
これはシモツケの園芸種で、新葉の「黄金」の葉色が美しい。なぜかこれ以上ほとんど大きくならない。ウリハダカエデが日を遮っているようだ。

<南側の庭>

少し華やかになってきた南側の庭。チューリップ、クラブアップル、それにアンジェラさんから頂いたワスレナグサが咲いている。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の雑木林の朝 | トップ | 新緑に輝く雑木林 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL