フルートおじさんの八ヶ岳日記

フルートを吹きながら八ヶ岳ライフを楽しむおじさんの徒然日記

リニューアルオープンした「ロック」でランチを食べる

2017-06-24 | 人々との交流

萌木の村のロックがリニューアルオープンしてからまだ行っていなかったので、友人夫婦と一緒にランチを食べにいった。
11時オープンの前から長蛇の列だ。人気のほどが知れる。

入り口周辺は、夏のシーズンに向け植栽工事が急ピッチで進められている。

中に入ると、以前と少し違っているが、だいたい同じ雰囲気だ。

新しくできたコーナー ステーキかな?

私たちは、おなじみのカレーを食べた。

Rockのホームページより
カレー

ROCK創業1971年から現在まで40年以上愛され続けているのが「ROCKビーフカレー」です。
大量の牛肉や野菜がトロトロになるまで煮込み、ルーと一体化させる製法も代々受け継がれて、変わらない味を守り続けています。

現在では抜群に相性の良い、ベーコンやピリ辛のソーセージのトッピングも人気です。
一度食べたら、忘れられない独特の味が多くのお客様をファンにしています。
萌木の村の味、清里の味を楽しんで下さい。


食事の後は、ポール・スミザー監修の庭を少し見る。

これはゲラニウムなのかな?

この青紫の花がいいな。

黄金シモツケは鮮やかだ。

サンショウバラが咲いていた。バラをあまり使わないのがポール・スミザーのやり方だ。

その後、アダージョの森に寄っていただき、庭を見ていただいて、解散した。

その後、ブログ友達の「route」さんご家族が、清里に来られたついでに寄ってくださった。
庭をざっとご案内したあと、楽しい庭造りの話を行った。話は尽きないが遠方から来られているので、3時ころ帰宅の途に就かれた。
お土産に新しく種を撒いた「ペレニアルフラックス」の苗を沢山頂いた。
私も増やしたいと思っていたので、嬉しい限りだ。来年の春が楽しみになってきた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きりりとした濃紺が美しいアヤメ

2017-06-23 | アダージョの森

庭の日当たりのいいところに咲いているが、種が飛んで、森の中でもぽつんポツンと咲いていることもある。なかなか繁殖力が旺盛だ。

乾いた日当たりのいいところが好きな花。
花しょうぶやカキツバタは湿ったところが好きなので、咲いているところで違いが分かる。

アヤメ(菖蒲、文目、綾目)
アヤメ科 アヤメ属の多年草
学名:Iris sanguinea

アヤメは何といっても外被片に、独特のアヤメ模様がある。

濃紺の色合いはオルレイヤの白との相性は抜群だ。

庭には白のアヤメもある。これはこれで純白で美しい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

純白の花オルレイヤ

2017-06-22 | アダージョの森

ホワイトレースと名付けられている通り、純白で美しい花の形をしている。明るい光があるところにはどこでも出かけていく。

ちょっと広がり過ぎて困ることがある。そんな時は直ぐに抜いてしまおう。種を播けばよく発芽するので、少なくなるなどと恐れることはない。

白なのでどんな色でもよく合うが、明度が暗い青系統の花にはよく合うような気がする。

ところがキアゲハの幼虫が、この葉が好きで枝によく見かける。まぁ少々食べられても数が減るということはなさそうだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モイーズの「24の旋律的練習曲と変奏(初級)」をやり始める

2017-06-21 | フルート

昨日のフルートレッスンから、モイーズの「24の旋律的練習曲と変奏(初級)」をやり始めた。


練習曲のテーマは24あり、最初のNO1の曲をゆっくり演奏する。

ppやmf、クレッシェンド、デクレッシェンドは、はっきりと違いが出るように吹く。こういうことを意識的に練習することの大切さにようやく気付いてきた。

なおエチュードの和訳で(初級)と書いていることについて、これは飛んでもない誤訳だと指摘する方がいた。

「一見すると初心者向けの教本かと思うくらい単純な内容とタイトルですが、この『変奏(初級)』という訳が大誤訳で、
この曲を本当に学ばなければならない音大生くらいのレベルの人を遠ざけてしまっているような気がします。

原題は『Vingt Quatre Petites Études Mélodiques avec Variations(Facile)』で英訳ではVariations(Facile)はVariations(Easy)、
要するに単純な変奏とか簡単な変奏という意味で、正しく訳せば初級(ビギナー)とはならないはずです。」(フルート奏法私論)
http://schwedlerfloete.blogspot.jp/

これ以外にもフルートの練習の仕方など詳しく紹介されている。
筆者のyoutube演奏もあり、実に内容豊かなサイトであるので紹介していおきたい。


(ヤマザクラの赤い実をキャッチしたホスタ)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フルート三重奏の練習会

2017-06-20 | フルート

今日はフルート三重奏の練習会だ。前回と同じく、今日も大泉のYさん宅に集合した。
メンバーのFさん宅の庭でバラが沢山咲いたということで、わざわざ、バラのブーケを作って持ってきてくれた。


いつも通り、練習の前に八ヶ岳界隈の情報交換をする。今年は雨が少ないので花や畑の作物に影響が出ているらしい。




今日の練習曲は前回と同じ次の3曲だ。
  1.「ウィーンはいつもウィーン」
     だいぶ曲の流れがわかってきて、演奏もスムーズにいった。
  2.「花」
     よく知っている曲なので、演奏が揃ってきた。クレッシェンド、フェルマータなどの動きに注意しよう。伴奏パートで2台のフルートが上昇するところが合わない。
  3.「クリスマスメドレー」
     この曲が一番ややこしい。リズムも独特で、しかもパート譜が4パートまであり、3人のうち一人が2パートを掛け持ち指定演奏しているので限度がある。本番は、先生も出演して頂こう。
月に1回の練習でも、少しずつ揃ってきたのが嬉しいところだ。

 演奏が終わってYさんの庭を見せてもらった。クレマチス「晴山」が見事に咲いていた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加