フルートおじさんの八ヶ岳日記

フルートを吹きながら八ヶ岳ライフを楽しむおじさんの徒然日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

孫の初笑い

2017-01-10 | アダージョの森

今朝7時の外気温は7℃、あまり寒くはない。

11時からいつも通りwalkingに出る。西回りコースだ。東の方には、二上山を望む。その西麓には古代の幹線道路の一つ竹之内街道が走っている。日本最古の官道といわれる。

地元の公園に戻ってくると、グラウンドゴルフの「カーン」という音が聞こえてきた。私たちがここに転居してきたころは、少年・少女のソフトボールの
声が響いていいたが、それも今は昔になった。

 

昨年、10月に生まれた孫の笑い顔が「戎さんの日」の今日、届いた。それを見て私たちも思わず笑ってしまった。
文字通り「笑う門にはj福来る」の1年であってほしいものだ。 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

手づくりピザ

2017-01-08 | アダージョの森

今日は終日雨だった。私は、Adobe Photoshop Lightroom 5.7に取り込んだ画像を整理する作業だ。2016年1年間で5700枚ほど保存しているが、果たしてそれが全部必要な画像とも思われない。ベストを選ぶために評価の星印をつけたり、タグをうったりと準備作業をした。

その間、妻は、パンを焼き、その後ピザを焼いた。

ピザ用の生地を作り、トッピングとソースは冷蔵庫にあるものを使う。

6分ぐらいで焼きあがったところで、昼食、アツアツのピザを食べよう。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

息子夫婦を関空に送る

2017-01-07 | アダージョの森

久しぶりに関空へやってきた。一昨年の秋に東北山めぐりに行って以降は飛行機に乗っていないことになる。

昨年結婚した長男夫婦の新婚旅行が仕事の都合で伸びてしまっていて、ようやく今日出発することになった。

行先は、ハワイ。

あまり荷物はいらないだろうが、帰りには土産物で満杯になるだろう。

二人を見送ったついでに空港ビルの中を少し歩いた。

 

これを見ると私たちもどこかへ行くたくなってきた。そういえば、しばらく海外旅行も行っていないな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画 「この世界の片隅に」を観る

2017-01-06 | アダージョの森

たまたま、天王寺に出かける用事があったついでに、話題になっていた映画「この世界の片隅に」を観た。
冬休み中ということもあったが、劇場がほぼ満員の入りには、驚いた。原作は、こうの史代。

舞台は、戦前の呉の街。ここは日本海軍の大きな基地があったところだ。

絵を描くことが得意な少女、浦野すずが、北條周作に嫁ぐ。戦況が悪化してくると不足しがちな食糧を工夫して料理に精を出すすず。

第2次大戦末期の庶民の生活が淡々と綴られている。1945年3月19日以降、呉の街が空襲によって、破壊されていく。

物語の最初に「悲しくてやりきれない」の歌が流れていた。(コトリンゴの歌も良かった)

うっすらと水彩画のような絵や、すずと周作のゆったりした会話などにより、暖かな余韻が残った。

平和や反戦を声高に叫ぶことはないが、見終わった後に戦争に対する怒りが心の中に沈潜した。

監督 片渕須直 主演声優 のん


クラウドファンディング について

(プロダクションノートより)

目標金額2,000万円。出資企業を募るためのパイロットフィルム制作費用を集めるのがその目的だ。2015年3月9日午前11時から開始されたこのクラウドファンディングは、開始2時間で支援者120人、支援金200万円超を得て好スタートを切る。

開始から8日と15時間余りで当初目標2,000万円を達成。5月末の終了時には日本全国47都道府県から3,374人、39,121,920円の支援金が集まった

「この映画が見たい」という観客の声が形となったのだ。そしてこの反響を見て映画館主が反応。そこから出資企業が集まり始めることになる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

快晴の2017年元旦

2017-01-01 | アダージョの森

明けましておめでとうございます。本年も、「八ヶ岳 アダージョの森」の暮らしと「都会 大阪の暮らし」を織り交ぜて、綴っていきたいと思います。

今年もよろしくお願いします。

2017年元旦は、快晴。

公園へ行ってみると早速、凧揚げをしていた。

今年は夫婦二人だけの1月1日の食事となった。

午後からは、西国第5番札所「葛井寺」へ初詣に行く。

自宅から、下り1本の道なので歩いて参ることにした。

門前町のエリアに入ると地元の造り酒屋、藤本酒造の板塀が続く道を歩く。

葛井寺南大門に着いた

参拝を待つ人で行列ができている

おみくじを引くと「小吉」だった。「最初は良くないが、後で良くなってくる」とのこと。
 そうか、今年は後半にいいことがありそうなので、期待しておこう。

ただし「心正しければ」という条件が付いているので、単純にはいかないようだ。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加