マーベラスS

King Of Western-Swing!!
歌と食と酒、それに声のページ。

帰るべき故郷もなく

2017-04-24 01:32:44 | Weblog

録ったままだったボブ・ディランの「No direction home」をやっと観た。

公開は2005年だから、10年以上の周回遅れだが、大丈夫。こいつは古びたりはしない。 

監督はザ・バンドの解散コンサートを撮った「Last Waltz」、「Taxi Driver」、近くは「沈黙」の

マーチン・スコセッシ。 彼でなければこのインタビューはうまく行かなかったと思える。 

 

 

【監督】マーティン・スコセッシ 【出演】ボブ・ディラン,ジョーン・バエズ,アレン・ギンズバーグ,
ピート・シーガー,ザ・バンド,アル・クーパー,ピーター・ヤーロー,リアム・クランシー,ジョニー・キャッシュ,
ミッチー・ミラー,デーブ・バン・ロンク,ウディー・ガスリー,マリア・マルダー,スージー・ロトロー,ブルース・ラングホーン,
ジョン・コーエン,トニー・グローバー,ロビー・ロバートソン,ミッキー・ジェームズ,イジー・ヤング
【翻訳・監修】菅野ヘッケル,【ディラン訳詞】中川五郎
 


顔ぶれがスゴイ。 つまりディランが歩いて来たのは、40年代~60年代の米国音楽史そのもの。

最初に音楽に興味を持ったのはラジオから聴こえて来る、ビル・モンローの「Driftin' too far from the shore」。

へぇ~、オレたちと近いぢゃないか。


ミネソタ州生まれのロバート・アレン・ジンマーマンは、ハンク・ウイリアムスに憧れ、エルビスや
ロカビリーに影響されたごく普通のギター少年だった。 ミネソタの玉子売りとは関係ない。 


しょうもないこと言うな。


そのうち、生ギター1本で自作の歌を歌う、ウディ・ガスリーという人のことを知り、

病床に居ることを知り、紐育の病院を訪ねた。 ウディはハンティントン舞踏病を患っていた。

ディランはウディ・ガスリー・チルドレンともいわれるが、直接はほとんど教えを請うこともなかった。




 

 
ウディは30年代だかに流行ったアーヴィング・バーリン作曲の「God Bless America」を聴いて

米国に神のご加護を…という軍威高揚歌に、なんと勝手な歌と腹を立て、俺たちの米国の歌をと、

「This Land Is Your Land(我が祖国)」を書いた。 誰もが一度は耳にしたことがあろう。

オバマ大統領就任式で、老齢のピート・シーガーがブルース・スプリングティーンらと歌い、

大合唱したあの歌である。あれは感動的な光景だった。


ディランはウディと行動を共にした、ピート・シーガーや、ランブリン・ジャック・エリオットによって

ギター一本で歌うその精神的なものを学んだに違いない。
 

 

 


ピート・シーガーは戦時中、アルマナック・シンガーズでウディと一緒に社会的な歌を歌い、

その後はウィーバーズで世界の民衆の唄を掘り起こし歌って来た。

60年代フォークリバイバルのシンボルのような男。

ディランも彼と行動を共にして、ステージで歌い始めた。

エレキギターを弾くようになって、ピートは烈火のごとく怒り、斧でケーブルを

ぶった切りたいと言って、ディランは決別するようになるが、そんな時代だった。

エレキギターを使うと商業主義だの、時代に迎合してるだのといわれた。


 
 



 ディランをフォークの神様的な扱いをし、反権力のシンボル化しようという流れに

 うさんくさいものを感じて、嫌気がしたに違いない。

 自分は反戦でもティピカルソングを歌いたい訳でもない、とかつてのインタビューで答えている。

 オレは音楽をやりたいんだと。

 これはキツかったと思う。

 同時代にプロテストフォークを歌っていたフィル・オクスという歌手は

 ディランよりさらにジャーナリスティックな目を持ち、鋭い歌を歌ったが、

 ディランのようにはなれず、自ら命を絶つはめになる。



 日本でも同様のことが起こり、マスコミは岡林信康、高石友也をまつり上げ、

 岡林はとうとう、キューバへ行くとギターを置いてしまったり、

 高石は米国へ行ったり、田舎に引っ込んだりして、ブランクを置かなければならなかった。

 歌手に何を求めようというのか、歌で世の中を変革できるとでもいうのだろうか。

 そこはよく判らないが、持ち上げて落とす、マスコミもレコード業界も功罪がある。

 もちろん、当時のファンにも。

 

 

 

 
 直接的なことばではなく、あくまでも私的な心象風景を歌い、

 それが聞き手に自由に解釈される。 それでいいという。

 そんな方向性を見つけたところに、ディランの凄さを見た思いがした。 

 昨年ノーベル文学賞を受賞して、歌は文学かよ?と違和感を感じた方々、

 まだディランが謎の人は、一度機会を見つけて視聴なさるをお勧めしたい。
 

 
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年度の終わりは蕎麦で締めま... | トップ | 銀二貫・丼一杯・匙一杯 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事