美術教室

中学校美術・日常の授業実践・美術教育企画紹介

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

TOSSセミナーで学んだGoogle SketchUPを使ってみる④ サッカーボール

2009年08月19日 | 日記
「TOSSセミナーで学んだGoogle SketchUPを使ってみる」の4回目。
正二十面体が描けたので、それを利用して截頂三十二面体を描いてみた。
截頂三十二面体は、サッカーボールに使われている多面体である。

正二十面体の各辺を三等分する方法をとった。
スケッチアップは中点は自動で出る。
しかし、三等分する点は示されない。
そこで補助線を引いて作図した。

この方法は、紙に作図しているのと大差ない。
もっと手軽にできる方法があるのだろう。
今は、勉強不足で分からない。
もっとも、操作になれるためには、手順が複雑なのも悪くない。
そう自分に言い聞かせつつ取り組んでいる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« TOSSセミナーで学んだGoogle ... | トップ | TOSSセミナーで学んだSketchU... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。