goo

中山金杯の傾向分析

今年もあと、数時間で終わりです。
来年のレースの傾向分析を投稿します。

中山金杯の馬齢別連対数一覧('07~'16)

       1着  2着  3着  連対  複勝
4歳    2     1     2     3      5
5歳    3     3     4     6    10
6歳    2     3     3     5      8
7歳    3     2     1     5      6
8歳    0     0     0     0      0
9歳    0     1     0     1      1
---------------------------------
合計  10  10   10    20    30

(感想)
連対数を比較すると、
5歳  > 6歳、7歳  > 4歳 > 9歳の順です。。

トップは5歳で全体の30%を占めます。
古馬の主力の5歳、6歳の合計で全体の55%を
占めます。

勝ち馬の数を比較すると、
5歳と7歳がトップタイです。
2番手は4歳、6歳です。
差は1です。
差はわずかあので、これらの世代はほぼ
イーブンといえよう。

少なくても1連対した回数は以下のとおりです。

5歳:4回
6歳:4回
7歳:4回
4歳:3回
9歳:1回

5歳、6歳、7歳がトップタイです。
1つの世代への偏りがないです。
5歳は10年間のうち、4回少なくても1頭が連対しています。
5歳が連対しなかった年は、6歳と7歳、7歳と4歳、7歳と7歳、
4歳と6歳、7歳と6歳、6歳と6歳で決着しています。
6回のうち、4回ずつ、6歳または7歳が少なくても1頭連対しています。
4歳は年が明けてまもないので、高齢馬に負けているのかも。

ファクターは少し異なりますが、
過去10回分の牝馬の3着以内はありません。

余談ですが、今、TVに架純ちゃんが出演しています。
みんなで、架純ちゃんを応援しよう。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« シンザン記念... 中山金杯の傾... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。