goo

宝塚記念の傾向分析

宝塚記念の馬齢別連対数一覧('07~'16)

       1着  2着  3着  連対  複勝
4歳    4    3     6     7      13
5歳    4    5     2     9      11
6歳    2    2     2     4        6
---------------------------------
合計  10    10  10   20    30

(感想)
連対数を比較すると、
5歳 > 4歳 > 6歳 の順です。

古馬の主力の4歳、5歳の合計で全体の80%を占めます。
当該レースはグランプリレースです。
古馬のトップクラスの馬は繁殖にあがることもあり、
7歳で現役を続けるケースは少ないのかも。
したがって、6歳以下のみが馬券圏内を占めています。

勝ち馬の数を比較すると、
4歳と5歳がトップタイです。
2番手は6歳です。
差は2です。

少なくても1連対した回数は以下のとおりです。

5歳:8回
4歳:5回
6歳:4回

5歳がトップです。
5歳は10年間のうち、8回少なくても1頭が連対しています。
5歳が連対しなかった年は、4歳と4歳、4歳と4歳で決着しています。
2回のいずれも、4歳が少なくても1頭連対しています。
しかも4歳のワンツーフィニッシュです。
5歳が連対できない場合、4歳に注意が必要なのかも。
5歳または、4歳の馬が少なくても1頭連対する可能性は
100%になります。テッパンだね。

ファクターは少し異なりますが、
過去10回分の牝馬の3着以内の回数は以下のとおりです。
1着:1回、2着:3回、3着:3回
合計に対する割合は以下のとおりです。
1着:10%、2着:30%、3着:30%
グランプリに出走するようなトップクラスの牝馬の場合、
3着以内に入る可能性は若干あります。
昨年はディープの娘が勝ちましたが、当該コースは、
トリッキーかつタフなので、サンデー系の牝馬にとっては
不利なのかも。

今日のクローズアップ現代のMCは、男性と美人の鎌倉さんです。
最近、鎌倉さんの出番が少ないのはさみしいです。









コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 宝塚記念の登録馬 宝塚記念の傾... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。