goo

京成杯の傾向分析(その4)

過去5年の3着以内の血統を調べると、以下に
分類できます。(13~17)

分類1:父がサンデー系、
分類2:母系がサンデー系
分類3:サンデー系血統を持たず、父または、
    母系がミスプロ系
分類4:上記血統以外

過去の該当数は以下のとおりです。
分類1:  8頭  (3着以内の53%)   1着:2頭、2着:2頭、3着:4頭
分類2:  4頭 (同    27%)         1着:2頭、2着:2頭、3着:-
分類3:  2頭 (同    13%)         1着:-   、2着:1頭、3着:1頭
分類4:  1頭 (同      7%)         1着:1頭、2着:-   、3着:-   
(感想)
分類1は3着以内全体の53を占めます。
サンデー系の血統を持つ分類1、分類2の合計は全体の80%です。
サンデー系血統を持たない馬は2頭のみです。

少なくても1頭連対した回数は分類1、分類2が3回でトップタイです。
また、分類1、分類2を含めると、ミスプロ系の血統を持つ馬が
4回、1頭以上3着以内に入っています。(注1)
次点は、ノーザンダンサー系の血統を持つ馬が3回、1頭以上3着以内に
入っています。(注2)
同じく、ナスルーラ系の血統を持つ馬が3回、1頭以上3着以内に
入っています。(注3)

そして、今年の出走馬の分類は以下のとおりです。
分類1:(1頭)
ロジティナ

分類2:(8頭)
コスモイグナーツ  (注1)
ヤマノグラップル (注1)
コズミックフォース (注1)
スラッシュメタル (注1)
エイムアンドエンド (注1)
ダブルシャープ (注2)
サクステッド (注2)
ギャンブラー (注2)

分類3:(3頭)
イェッツト (注1) (注3)
タイキフェルヴール (注1)
ジョリルミエール (注1) (注2

分類4:(3頭)
デルタバローズ (注2)
ライトカラカゼ (注2)
ジェネラーレウーノ (注2)

(感想)
今年はサンデー系血統を持つ分類1、分類2の合計は
全体の60%を占めます。

注意の分類は今回の出走予定のうち93%を占めます。

今回出走する分類1の該当馬は1頭のみです。
しかし、分類2の該当馬は8頭います。
サンデー系 VS 非サンデー系の対決が楽しみだね。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 日経新春杯の... 京成杯の傾向... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。