goo

天皇賞春の傾向分析(続き2)

今回の出走予定馬の馬齢毎の分類は以下の  
とおりです。

期待度:〇→△→◇→×→☆→♡
                  複勝の期待度
サトノダイヤモンド           牡4                 〇
シャケトラ                       牡4                 〇
ディーマジェスティ           牡4                 〇
レインボーライン              牡4                 〇
-------------------------------------------------------------
キタサンブラック              牡5                 △
シュヴァルグラン              牡5                 △
スピリッツミノル              牡5                 △
トーセンバジル                 牡5                 △
ヤマカツライデン              牡5                 △
-------------------------------------------------------------
アドマイヤデウス              牡6                 ◇
アルバート                      牡6                 ◇
ゴールドアクター              牡6                 ◇
ワンアンドオンリー           牡6                 ◇
プロレタリアト                 牝6                 ◇
-------------------------------------------------------------
タマモベストプレイ           牡7                 ×
-------------------------------------------------------------
ラブラドライト                セ8                  ☆
-------------------------------------------------------------
ファタモルガーナ             セ9                  -

(感想)
過去の傾向では歳が若いほど、3着以内に入る可能性は
高いです。
今回、5歳以下、6歳以上の頭数はほぼイーブンといえよう。
過去の6歳以上の3着以内数は以下の通りです。
0頭:2回、1頭:5回、2頭:3回、3頭:0回
1頭が5回でトップです。
当該レースは長距離レースです。
中距離の瞬発力勝負では、若い馬が有利ですが、
長距離でも折り合いがつく高齢馬であれば、2、3着の可能性は
あるのかも。
多分このファクターを掲載するのは初めてですが、
極端な偏りがある場合は今後掲載するかも。








コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 天皇賞春の前... 天皇賞春の傾... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。