goo

CBC賞の傾向分析(おさらい)

CBC賞の馬齢別連対数一覧('07~'16)

       1着  2着  3着  連対  複勝
3歳    0    2     0      2      2
4歳    3    2     2      5      7
5歳    4    3     3      7     10
6歳    3    1     3      4      7
7歳    0    2     1      2      3
8歳    0    0     1      0      1
---------------------------------
合計  10    10  10   20    30

(感想)
連対数を比較すると、
5歳 > 4歳 > 6歳 > 3歳、7歳の順です。

古馬の主力の4歳、5歳の合計で全体の60%を占めます。

勝ち馬の数を比較すると、
5歳がトップです。
2番手は4歳と6歳です。
差はわずか1です。
上記の3つの世代のいずれかが勝つ可能性はほぼイーブンと
いえよう。

少なくても1連対した回数は以下のとおりです。

4歳:4回
5歳:4回
6歳:4回
3歳:2回
7歳:2回

4歳、5歳、6歳がトップタイです。
これらの世代が低水準で拮抗してます。
4歳は10年間のうち、4回少なくても1頭が連対しています。
4歳が連対しなかった年は、6歳と3歳、6歳と3歳、5歳と5歳、
5歳と5歳、5歳と5歳、5歳と6歳で決着しています。
6回のうち、4回、5歳が少なくても1頭連対しています。
4歳または、5歳のうち、少なくても1頭連対する可能性は90%に
なります。プチテッパンだね。
↑強引かよっ。(三村つっこみ)

ファクターは少し異なりますが、
過去10回分の牝馬の3着以内の回数は以下のとおりです。
1着:3回、2着:3回、3着:3回
合計に対する割合は以下のとおりです。
1着:30%、2着:30%、3着:30%
牡馬と対等とまではいきませんが、まずまずのアベレージです。
過去10年では、牝馬が少なくても1頭3着以内に入った回数は7回です。
牡馬オンリーでの決着より頻度は多いです。

*******************************
(レース結果)
今年は、1着:5歳、2着:5歳、3着:5歳でした。
少なくても1頭連対回数は4歳、5歳、6歳がトップタイでした。
レース結果にも記載しましたが、レース直前のスコールで
今回、牝馬にはキツイ条件だったのかも。
4歳~6歳を全部選んでいれば、余裕で的中できていたはずでした。
しっかり判断しろよ、オレ。
過去の傾向を参考して予想すれば、40万オーバーを余裕で的中できていた
はずなのです。
オレの傾向分析は正しかったのです。!!!!!!!!!!!








 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« CBC賞の傾向分... ラジオNIKKEI... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。