へそ曲がりおじさんのひとり言

常識にとらわれるのが嫌い。
他人と同じ事が嫌い。
世の中、別な角度から見ると新しい物が見えるから。

75にして記録更新です    追記(その後の結果でも)

2017年07月25日 23時47分42秒 | ボウリング
途中でかなり中断した時期はあるものの、ボウリングを始めたのは半世紀近く前のこと。

当時はボウリングブーム真っ盛りの時期。

至る所にボウリング場が出来たが、それでもどこも超満員であった。

それが今ではマイナーなスポーツに成り下がっている。

で、私の今までの最高記録は「267」で、連続のストライクは「8個」まで。

それが・・・・。

今日両方とも記録を更新したのです。

が・・・・。

投げ始めたのは今日(土曜日)の3時ごろから。

すでにかなりの人が投げているので、レーンは殆どオイルもなく、かなり荒れていた。

そのため、1ゲーム目は「173」がやっと。

2ゲーム目はいきなり「3連続ストライク」が出るの、その後は「3連続スプリット」になってしまい、かろうじて「176」に。

その後の3ゲーム目は「169」で、4ゲーム目はイージーミスが続き、やっと「151」にしかならなかった。

そう、初めの4ゲームは、トータルで「669」にしかならず、アベレージは「167」でしかない。


ところが・・・・。

5ゲーム目はワンミス(イージーミスです)をしたが、それでも「197」に。


そして、

6ゲーム目はノーミスで「205」。

ノーミスの割に点数が悪いのは、ストライクが続かないのです。

そう、ここまでで、ターキーは1回のみで、ダブルも4回しかないのです。

何時もの事ではあるが、10番ピンが良く残るのです。

が、何時もはミスが多い10番ピン。

それが何故か、今日はすべて取りました。

が、それ以外のピンでイージーミスが。

普段なら滅多にミスらない7番ピンも、今日は3回もミス。

バケットやバケット崩れも、5番ピンをチョップ。


ところが・・・・。

7ゲーム目で新記録を樹立したのです。

1フレ、8本スペアー。

2フレ、9本スペアー。

そして・・・・。

3フレから10フレの2投目までが「9連続ストライク」になったのです。

今までの最高は「8連続ストライク」。

が、10フレ3投目は「10ピンタップ」に。

それでも「278」なので。これも新記録なのです。

ダブルで新記録達成。

と言うことで、後の3ゲームは、トータルで「680(アベ226)」と言う結果に。

おかげで、7ゲームトータルでも「1349」になり、アベレージも「192」にまで跳ね上がる。


ちなみに、最近はイマイチ調子が良くなく、アベレージは170から180の間くらいでした。

2017.07.15.





追記です(その後のことなど)。


記録を更新した後はまたも不調に陥っています。

その原因だが・・・・。

最近はオイルの量が極端に少なく、かなり良く曲がるのです。

が・・・・。

夏休みになったこともあり、普段あまりボウリングなどしない「ハウスボーラー」も結構投げている。

ハウスボーラー。

そのほとんどは「シングルレーン」で投げるため、アメリカンで投げると右と左で極端に曲がりが違ってしまう。

それを「立ち位置」で調整するが、極端な場合は「左右で板目が5枚以上も違う」と言うことも。

で、彼らの多くは「左側のレーン」で投げることが多い。

なので、「右のレーンではストライクが出るが、左のレーンは出ない」と言うことに。

何とか左のレーンでストライクが出るようになると・・・・。

今度は右側で出なくなる。


と言うことで、先週のアベレージは「170弱」と言ったところであった。


今日も投げてきたが・・・・。

大雨が降ったこともあってか、ボウリング場はガラガラで、閑古鳥が鳴いていた。

おかげで、今日は少し良いスコアーに。

相変わらずオイルが少なく、曲がり過ぎで苦労をしたが、それでも7ゲームのトータルでは「アベ189」でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏も終盤戦に | トップ | 子供の頃怖かったお化け? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。