へそ曲がりおじさんのひとり言

常識にとらわれるのが嫌い。
他人と同じ事が嫌い。
世の中、別な角度から見ると新しい物が見えるから。

三分間電話の日?

2017年01月30日 21時56分49秒 | ブログのお題に関連すること
お題「公衆電話使ったことある?」に参加中!
近頃は何かと「〇〇の日」なるものが出来ているようだが・・・・。

正直、余りにも数が多過ぎて何が何やらさっぱりわからない。

で、本題の「公衆電話」だが、もともと電話嫌いの私なので、携帯電話などなかった時代でもあまり使わなかった。


ここで少し昔話でも。

私が今の家を建て住みみ始めたのは「昭和49年の1月」のこと。

このころはもちろん携帯電話など影も形もなかった時代である。

それどころか、その頃は都市部はともかくとして、少し都市部から離れた町では、固定電話でも「申し込んでも3年待ち」など当たり前の時代である。

今なら「即日」で通じるが、当時は「回線の空き」が全く無く、新規の回線の敷設を待たなければいけなかったのです。

なので、公衆電話だってそれほど多くなかった。

そう、固定電話さえない家が多かったので、近所の電話を使わせてもらうことだって日常茶飯事。

そんなこんなで、今ではとても信じられないだろうが、近所の家の電話番号を「呼び出し」と注釈をつけて名刺に書くことも多かったのです。

アパートなどの場合だと、大家(家主、管理人)の電話を「呼び出し」として使うことも多かった。

なので、ひどい場合は、100メートルも離れた家の電話を「呼び出し」として使うことだって有ったのです。


それが今では、小学生でも携帯電話を持つ時代に。

わが家に電話がやってきたのは申し込んでから2年余り後のこと。

わずか40年余りで電話事情が激変。


それが良い事なのか悪い事なのか。

私に言わせると「悪いこと」だと思っている。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日は曇っていたが・・・・ | トップ | 筋肉痛にはならなかったが・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログのお題に関連すること」カテゴリの最新記事