へそ曲がりおじさんのひとり言

常識にとらわれるのが嫌い。
他人と同じ事が嫌い。
世の中、別な角度から見ると新しい物が見えるから。

2度目の投稿です

2016年11月02日 22時02分36秒 | ブログのお題に関連すること
お題「紅茶派? or 珈琲派?」に参加中!
私とコーヒーの出会い。

それは今から半世紀以上も昔のこと。

時は昭和30年代の話である。

たまたま幼馴染に誘われて行ったところが、コーヒー専門の喫茶店である。

それまでコーヒーなど飲んだこともなかったが、ものは試しと飲んでみた。

数種類ある銘柄の中から自由に選べるが、初めて選んだのは「モカ」だったような。


正直なところ、そのお店に入る前から私は興奮状態になっていたかも。

そう、お店の近くに行くと、コーヒーの香りが辺り一面に漂っているのである。


お店の中は若者でいっぱい。

そして、飲み方も人によって違うような感じも。


私も気取って、初めはブラックで飲んでみた。

苦い!。

次に、砂糖を入れて飲んでみた。

これはそこそこいける。


次に、ミルクを入れて飲む。

これも上手い。


結局、初めの1杯でコーヒーにはまり、この時は2杯飲んだような記憶がある。

そう、コーヒー好きはそれ以来なのです。


が、紅茶はそれよりだいぶ前から飲んでいるが、特別好きにもならなかった。

何しろ、小学生の時、同級生に大手銀行の頭取の娘がいて、その子の家でよく紅茶を飲んでいたのです。

おそらく、かなり高級な紅茶だったと思うが。

当然、美味しいお菓子も一緒にいただきました。


そう、私にとっての紅茶と言う飲み物は、お菓子と一体化しているのです。

お菓子がメインで、紅茶は添え物?。

私のイメージはそんなところなのです。



その点コーヒーは。

珈琲だけでも十分で、強いてお菓子は必要ないのです。




そう言えば・・・・。

たまにはインスタントのミルクティーは飲みます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 物価が上昇する原理 | トップ | 室温14度 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。