へそ曲がりおじさんのひとり言

常識にとらわれるのが嫌い。
他人と同じ事が嫌い。
世の中、別な角度から見ると新しい物が見えるから。

富士山?   その2

2017年07月13日 03時44分30秒 | ブログのお題に関連すること
お題「富士山に登ったことある?」に参加中!
前回は五合目まで登ったことを書いたので、その後の事でも。

視界の全くきかない樹海の中を延々と歩き、ようやく五合目にたどり着くと、突然視界が開けてビックリしたことを覚えている。

正面はるか彼方に頂上も見えた。

が・・・・。

天気が良かったのはここまでで、その後はガス(雲)が少しずつ濃くなり、七号目あたりからは雨も降りだした。

宿泊予定地は八合目の山小屋。

辺りは暗く雨も降っている。

なので、半べそをか気ながら歩いたことも覚えている。

そして・・・・。

それに更なる追い討ちが。

高山病である。

そう、山小屋に着く前から頭が痛くなっているのです。

山小屋で引率の教師に言っても、頭痛薬をくれただけ。

そのまま山小屋で一晩を過ごしたが、朝になっても頭痛は消えない。

が、前日とは打って変わった上天気である。

山小屋から外に出て上を見ると・・・・。

頂上は手を伸ばせば届きそうなほど近くに見える。

なので「何とかなるだろう」と思い登り始めたが・・・・。

歩けど歩けど一向に頂上は近寄ってこない。

手を伸ばせば届きそうなところにあるのに・・・・。

それでも何とか頂上にたどり着く。

が・・・・。

正確に言うと、そこは頂上ではないのです。

頂上は「剣が峰」にあり、そこからまだしばらく登らないといけない。


が・・・・。

頭痛がひどくてそれ以上登るのは無理。

なので、目の前にあったベンチに倒れ込み、しばらくは寝ていたようで、それ以上のことは全く記憶にない。

下山の時間になり、友達に起こされた。


が・・・・。

登りは苦手でひどい目にあったが、下りは最も得意とするところ。

今は通行禁止になっているらしいが、八合目あたりからだったと思うが「砂走り」と言うところを走り下りる。

火山砂で出来た急な斜面で、今思うと、よくぞこんなところを下りのコースに選んだものである。

崩れやすい火山砂の急斜面。

私はそこを一気に走り下りた。

別に競争をしていたわけではないが、もちろん、私が1番である。



が・・・・。

その後の事はほとんど記憶にない。

ただひたすら下るだけだったので、記憶に残るようなこともなかったのかも。


今から60年以上も昔の、遠い思いでです。


今では太平洋の海岸近くから富士山に登る人などいないだろう。


次は49歳の時に登った話しでも。


つづく。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 富士山? | トップ | 富士山?   その3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。