へそ曲がりおじさんのひとり言

常識にとらわれるのが嫌い。
他人と同じ事が嫌い。
世の中、別な角度から見ると新しい物が見えるから。

田舎町で殿様商売    その5

2016年12月13日 23時36分56秒 | ボウリング
今日もまた投げてきたが、レーンは最悪。

とにかくひどいレーンで、どこに投げてもダメ。

ある程度曲がりが一定していれば何とかなるが、曲がると思えば曲がらない。

曲がらないと思って投げると、変なところで曲がる。

曲がりも一定ではなく、曲がりかけたボールがそのまま行ってしまうことも。

通常であれば、真ん中はオイルが多いので曲がらない。

逆に、両サイドはオイルが少ないので曲がるはず。

それが何故か、曲がってみたり曲がらなかったり。

中央のオイルが多いところも似たようなもの。

お客はと言うと。

30レーンに4組だけ。

私が帰るときには1組だけに。

6人の仲良しグループで、「ハウスボーラー」。

私が行く少し前まではお客はいなかったらしい。

何時もなら7ゲーム投げるが、今日は6ゲームでやめに。


ここでもう一つの問題点を。

これはどこでも同じだと思うが、リピーターを呼び込むために「会員制」を取ってあれこれとサービスシステムを採用していると思うが、ヤングボウルにはそれがない。

サービスとしてあるのは「5ゲームパック1500円」と、精算時に「1ゲーム無料券」をくれるだけ。

なので、普段は5ゲームパックに無料券を使い、6ゲーム投げる人が多い。

私は運動の意味もあるので、普段は7ゲーム投げる。

それが、今日は全くその気にならない。


正直、「何とかしてお客を集めよう」と言う意欲を感じないのである。

これは、ミナミ時代には所狭しと置いてあった、マイボーラー用の「貸しロッカー」をすべて撤去したことにも表れている。

ギャラリー用の椅子やテーブルも、その大半が撤去されてしまった。

ゲームコーナーもあるが、そちらにもお客の姿はない。


そう、ミナミ時代は、「マイボーラー」でにぎわっていたのである。

そのマイボーラーを完全に無視。


これを「殿様商売」と言わなければ、いったい何と言うのであろうか。



まだまだ書き続けるつもりでいるが・・・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 田舎町で殿様商売   その4 | トップ | 年賀状作成に便利なグッズ? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (李音)
2016-12-14 13:27:37
こんにちは~
久しぶりのボウリングの話題ですが
レーンオイルを手動で引いているセンターがあるのですね
しかも ピンデッキまでベッタリとは(@_@)ビックリ
それでもアベ150をたたかれているおじさん 凄いです。
私が通うセンターは月毎にコンデションを変えます
月初めはみんなで あ~だこ~だと喜んだリ、愚痴ったり(笑)
今月のレーン 私のボールだとエイムスパット 板10枚目を通せば
ピンデッキ手前でカクンと入るのでストライクポケットを狙い易いです。
スピードの有る男性だとちょっと早いと思われたでしょう。

レーンコンデションで投げるのが楽しくなったり そうでは無く成ったりしますよね
季音さんお久しぶり (へそ曲がりおじさん)
2016-12-14 17:26:29
お元気そうで何よりです。
ミナミの時代はその日によって変化するので、それをいかに早く読み解くかが重要なポイント。
が、読み解ければ後は楽。
基本的には10枚目を通せばよいので、後は立ち位置で調整するだけ。
それがヤングボウルでは全く通用しない。
結局、昨日は6ゲーム投げても全くつかめず、何時もより早くやめて。
昨日は2人で投げたが、相棒はパーフェクトを何度もたたいている人。
私と一緒に投げているときにパーフェクトを出したこともあるその人が・・・・。
昨日は6ゲームで1000点に届かない。
ミナミ時代は、6ゲームなら1300点以上は出す人です。
とにかく、どのコースを使っても曲がりが一定しない。
150で凄いと言われる。
何とも複雑な気分だよね(笑)。
運動のつもりとはいえ、もう少し楽しく投げたいものです。
7ゲームを1時間半で投げる。
良い運動にはなるが、ストレスは溜まります。

溜めるのはお金だけにしたいのだが・・・・。
お金は全く溜まりません。

コメントを投稿

ボウリング」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。