新潟県妙高市の「HANA・はな・花」

新潟県妙高市は自然がいっぱい。四季折々に咲き誇る花情報&我が家の花情報、そして四季の妙高山をお届けします。

来月冬花火

2018-01-18 23:09:13 | 花火

毎年恒例、
冬の花火大会が今年もあります。
イベント名は「南雪中花」。

みなみせっちゅうか。
新井南部地域に元気を!
という目的で開催されています。

今年は、にいがた妙高はね馬国体の開幕前夜2月24日に開催。
ただいま花火の申し込みを受付中です。
詳しくは、妙高市上堀之内の「長崎組さん」または「濁川商会さん」へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新井まつり

2017-12-21 23:39:35 | 花火

2017年振り返り8月。
8月の思い出は、2年に1度のこれ。
新井まつりの花火大会。

今年は、天候もよく。
落ちついて花火を撮影できました。
全部で91組。

できばえはどうであれ、
全部の花火を撮りきることができました。
今年の数少ない花火撮影のひとつです。


※8月3日撮影

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

せつないね

2017-12-06 23:43:59 | 花火

2017年振り返り2月。
妙高の冬の風物詩となった南雪中花。
この花火大会の日におきた出来事。

同級生が他界しました。
保育園、小学校、中学校、高校と
ずっと一緒だった同級生です。

華やかな花火大会ですが、
今年に限っては、せつない気分で花火を見ていました。
健康診断、早めの受診・・体を大切にしよう・・。


※2017年2月25日 除戸で撮影

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一時の休憩

2017-08-14 23:37:31 | 花火

今日、これがあるのを知ってました。
でも、夕方に近づくにつれて雲行きがあやしくなり
やめようかな・・仕事もあるし。

時間が近づき、
雨もやんで落ちつかなくなり
行っちゃった。

撮ったのは最後の30分だけ。
移動に片道40分・・合計約2時間の休憩。
場所を移動しながらの千曲川河畔納涼花火大会

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

興奮さめず

2017-08-04 22:54:21 | 花火

2年に1度の花火で開幕したあらいまつり。
本日2日目の前日祭を終えました。
・・だけど写真は花火

これは、昨日の一番最初に上がった花火。
まだ空が明るいうちに上がる花火は、
いいですね。

そんな写真を見ながら朝を迎えました。
・・興奮さめずってところ!?
いいえ、処理が終わらなかっただけ~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まつり開幕

2017-08-03 22:05:33 | 花火

第44回あらいまつり開幕です。
初日は、花火大会。
好天です。

雨の心配なし。
風、少しあって煙がたまらない。
花火打上には好天気。

撮れ高は?
91組全部撮りました。
今回は、全部おさめることに視点をおいたので成功です

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二年に一度

2017-08-02 20:53:34 | 花火

明日です。
2年に1度のあらいまつりの花火大会。
この写真は、前回。2年前のもの。

明日の天気は、
雨ではないようです。
とりあえず安心

湿気は、
本日、新潟を含む北陸地方が梅雨明け。
耐えられそうです。あとは・・道具を用意して明日に備えます

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春のはなび

2017-05-16 23:48:27 | 花火

そういえば、
こちらのブログにこれを出していませんでした。
先週の土曜日にあった艸原祭(そうげんさい)の花火です。

今年は、
花火のときだけ晴れてくれた、
妙高山の姿もくっきり見えていました。

これはよい条件。
喜んだのもつかの間。風がなくなって・・
煙が留まってしまうという状況に。でも2年ぶりの花火は、楽しかった


※5月13日撮影

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感動花火五

2017-03-04 19:24:47 | 花火

南雪中花。
感動花火その5です。
ラストは、「みんなで贈る」。

最終回の花火。
やっぱり、これになりました。
ラストに上がった約3分間の大スターマイン「雪ほたる」。

みんなでお金を出し合い、地域の活性化を願って上げられた花火です。
今年は晴天の中、風に流れることもなくきれいに上がりました。
12回目の南雪中花。最高でした 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感動花火四

2017-03-03 23:17:02 | 花火

南雪中花。
感動花火その4です。
今日は、「地域の宝に贈る」。

少子高齢化・・
いや・・、少子高齢時代。
南部地域だけの話ではありませんが・・、この地域ではかなり深刻です。

そんな時代だからこそ、子どもたちは地域の宝。
この花火大会で最も多く上げられるのは、誕生、進学、卒業など子どもたちへの花火。
南部の子どもたちに、どーんと大きな夢ひらけ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加