Seiji Ninomiya (二宮正治)

Let me tell "JAPAN NOW"

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

現代日本人文芸:呉原百合蔵小説:次の総理の椅子に座る者は誰だ:第51回:フィクション

2016-10-29 06:10:13 | 日記

「最近やたらに安倍総理の顔色がいい。一時の体調の悪さが顔に出ていた頃がウソのようだ」

 このNの言葉に、

「長期政権になる事が確実になったから、顔色も良くなるよ」

 Nの仲間がニヤニヤしながらこう言う。

「東京オリンピックが開催される頃にはある程度の経済成長が始まっていて、日本人が自信を取り戻していないとね。次の総理候補が政策を語ると、「頑張ってくれよ』こう激励の言葉が飛ぶようでないと」

 Nとずっと行動を共にした仲間が言葉を添えた。

「Nさん、日本創生の秘策をいつ石原伸晃氏に教えるの」

「解散総選挙が終わったらね」

「やっぱりあるの」

「そりゃあ、あるだろう」

「どっちにしても日本創生には大阪の力が不可欠なので日本維新の会に頑張ってもらいたい。石原伸晃先生は日本維新の会と太いパイプを築いてもらいたい」

 Nは自分の描いている絵に自信を持っている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現代日本人文芸:呉原百合蔵... | トップ | 現代日本人文芸:呉原百合蔵... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL