Seiji Ninomiya (二宮正治)

Let me tell "JAPAN NOW"

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

現代日本人文芸:呉原百合蔵小説:次に総理の椅子に座る者は誰だ:第129回:フィクション

2017-02-22 05:55:57 | 日記

「みんな安倍総理はあのスキャンダル乗り切れるかなあ」

 Nは心配そうに仲間を見る。

「大阪の国有地払い下げの問題だろ」

「そうだ」

「不自然だよなあ」

「不自然で済む問題ではない。民進党代議士の追求にまともに答えられない官僚の姿を見たか」

「安倍総理は『もし私が関与していたなら総理も国会議員も止める』こう言っているがなあ」

 みんな安倍総理の事を心配している。

「身の潔白を証明できるかな」

「無理だろう」

 みんな黙ってしまった。

「国会での百条委員会開催となるかな」

 Nの問いかけにみんな無言である。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現代日本人文芸:呉原百合蔵... | トップ | 現代日本人文芸:呉原百合蔵... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL