Seiji Ninomiya (二宮正治)

Let me tell "JAPAN NOW"

現代日本人文芸:呉原百合蔵小説:次の総理の椅子に座る者は誰だ:第42回:フィクション

2016-10-17 14:45:31 | 日記

「Nさん、石原伸晃先生が総理になるには何に気をつけたらいいの」

 Nの仲間が口を開いた。

「まず最初、小池都知事との仲を修復する事。都知事の悪口は言わない。腹が立つのは痛いほど分かるけど」

「その次は」

「野田聖子先生といい関係を持っていた方がいい」

「そうだなあ、あの人は日本創生をやらせたらうまいだろうからなあ」

「野田先生は、安倍総理との仲が良くないからなあ」

「そこが逆に石原伸晃先生が躍進できる要素になる」

 Nはコーヒーを口に入れる。そして、

「それに石原伸晃先生には大きな問題がある」

「何なの」

「石原慎太郎先生の釈明だよ。『知らぬ存ぜぬ』これでは絶対に通らない」

「ほんとだよなあ、息子を総理にしたいのならしっかりとした釈明をする事だ」

 Nの眼力は凄い。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現代日本人文芸:呉原百合蔵... | トップ | 現代日本人文芸:呉原百合蔵... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL