クリアさんの窓の店

人と地球にやさしい窓のご提案

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

防犯対策にはCPマークの面格子をおすすめします。

2016-07-12 10:09:19 | 

暑い季節は窓を開けて涼しい風を取り入れたい。でも窓を開けることで外からの侵入が心配。こんなお悩みをお持ちの方はまず窓の防犯対策をお考えください。

先日、シャッターの交換工事をさせていただいたM様邸で1階の窓で面格子のついていない場所に新しく設置したいとのご希望がありました。

施工前 1階にある窓はクレセント(鍵)部分のガラスを割れば簡単に侵入できてしまいます。

 

防犯のことを考えるとやはりおすすめはCPマークのついた「高強度面格子」です。太くて丈夫な格子部分は切断やこじあけを防ぐ強度があることはもちろん、ブラケット(格子本体を壁に取り付ける部品)もねじ頭が見えないようにカバーが設定されているなど防犯対策に優れています。また、ねじ自体も一般工具では取り外しができない「ワンウェイねじ」が採用されている点もお勧めの理由です。

【まめ知識】
「CP」ってご存知ですか?「Crime Prevention」=「防犯」の頭文字を使った言葉で、防犯性能試験に合格し「防犯建物部品目録」に掲載された製品にこの「CP」マークが付けられています。
警視庁・国土交通省・経済産業省及び建物部品関連団体で構成された「官民合同会議」が設置されました。その中で、各メーカーの独自基準ではなく、「官民合同会議」が客観的な視点で評価した防犯性能の基準をクリアした製品にこの「CP」マークが付けられたのです。 
最近では、防犯ガラスやフィルムなど「CP」マークの付いた製品を目にすることもよくあり、防犯に対する安心感の目安として徐々に知られてきました。

施工途中 カバーをかける前のブラケット

この部分にカバーあるのが「高強度面格子」。ねじも締めることはできても外すことのできない「ワンウェイねじ」を使っています。

高強度面格子の取付が完了。これで安心です。

 

もっとも一般的な縦面格子(四方枠が無く、上下2本の横部材に縦の部材がリベットで接着されているタイプ)は侵入者にとっての「抑止」にはなりますが、残念ながら防犯性能はそれほど強いものではありません。

もし、すでにこのような面格子が入っている場所がありましたら、「面格子が付いているから安心」ではなく、サッシに2重ロックを付けるなどの対策を重ねてお考えください。

 

先日、東京でマンションのベランダからの侵入による悲しい事件が発生しました。

下の階ではサッシの鍵が閉まっていたので、たまたま鍵がかかっていない上の階に侵入したというニュースを聞き、防犯対策の重要性をさらに感じました。

ベランダなど人が出入りする掃出し(テラスタイプ)のサッシに設置できる「防衛くん」という横引きシャッターも非常に防犯性能の高い製品で、多くの機関(銀行や店舗)でも採用されている実績があります。

一般住宅に「防衛くん」を設置しました。

 

 室内側に取り付けられるので、マンションでも設置可能

 

採用の際はコストがかかりますが、安心は何にも代えがたいもの。モノやお金だけではなく、命を守る防犯製品の普及で悲しいニュースが無くなることを切に願います。

 **************************

◆ 窓の防犯対策でお困りの方は

  お電話またはお問合せフォームからお気軽にご相談ください。

  ・電話番号:0120-236-685

   ・問合せフォームはこちら↓↓↓

   http://clear-g.co.jp/publics/index/89/

  

◆ 防衛くんとは

     http://clear-g.co.jp/publics/index/22/

◆ 防衛くんの施工事例

    http://clear-g.co.jp/publics/index/59/

 結露・断熱・省エネ・防犯対策 窓のお悩みを解決します。

 

山梨・長野・東京・神奈川・埼玉がサービスエリア!甲府市、甲斐市、山梨市他。

 

 *********************************

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

重くて開閉が大変なシャッターを何とかしたいお悩みを解決!

2016-07-11 16:46:20 | 

先日、甲府市内のM様邸で40年ほど前から使っている古いシャッターを交換しました。

M様が開閉するたびに腰を悪くするほどの重さだったというシャッター。体を壊さないうちに新しいものに取り換えたいというご希望で、古いシャッターの撤去と新しいシャッターの取付を依頼されました。

古くて重いシャッターが付いている状態

古いシャッターボックス(シャッターが巻き込んである上部のボックス)や縦のレールが壁に埋め込まれていましたが、壁を壊さなくて済むように新しいレールをサッシ側に少しかかる位置で取り付けることにしました。

古いシャッターを撤去した状態

 

シャッターの枠を取り付けたら、新しいシャッター本体を設置します。

 

シャッター本体を覆うシャッターボックスを取り付けました。

 

ほぼ1日で新しいシャッターが設置できました。

古いシャッターの開閉で悩んでいたM様でしたが、今回のシャッター工事で片手でもシャッターの上げ下げができるほど楽になり、本当に喜んでいただけました。

これから暑い季節になって、風を取り入れたい場合はメッシュ(小さい穴)がある通風タイプのシャッター(電動のみ)もおすすめです。

重いシャッターをお使いの方に、たった1日で新しいシャッターへの交換ができ、今までの暮らしが快適で安心になることをお伝えしたいと思っています。

猛暑の中での工事でしたが、職人さんも私もいい汗を流した後にお施主様から冷たい飲み物をごちそうになり、すがすがしい気持ちで現場を後にしました。

 **************************

◆ 窓のお悩みは

  お電話またはお問合せフォームからお気軽にご相談ください。

  ・電話番号:0120-236-685

   ・問合せフォームはこちら↓↓↓

   http://clear-g.co.jp/publics/index/89/

  

◆ 風を取り入る雨戸「エコ雨戸」とは

 http://clear-g.co.jp/publics/index/13/

◆「エコ雨戸」の施工事例

  http://clear-g.co.jp/publics/index/57/

結露・断熱・省エネ・防犯対策 窓のお悩みを解決します。

 

山梨・長野・東京・神奈川・埼玉がサービスエリア!甲府市、甲斐市、山梨市他。

 

 *********************************

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「巨峰が大きく育っています。」スペーシアのお客様ご訪問

2016-06-22 11:12:42 | 

昨年、居間と寝室に真空ガラススペーシアを採用くださった新津さんに会いに南アルプス市に行ってきました。

南アルプス市はさくらんぼ、スモモ、ブドウなど果物の栽培が盛んな地域。ちょうど今の時期はどの農家でも果物の出荷に大忙しなのです。

紫色に輝く巨峰もこの時期はまだ青いのですが、太陽の光を浴びてすくすくと大きな房に成長している真っ最中。私たちがいただく巨峰になるには、小さなブドウの実をはさみで落としたり気が遠くなるような手間をかけ、一房、一房を丁寧に育てているのです。

 

「これからの季節、暑くて大変ですね。」というと、「ブドウは棚になっているので意外と涼しいんだよ。」と果物を子供のように慈しむ新津さんの表情が印象的でした。

 

天候に左右されたり、鳥に食べられたり、病気になったりと育て上げるまでの苦労はいっぱいですが、それだけに収穫の喜びはそんな苦労も忘れるほど大きなものでしょう。

 

新津さんご夫妻が末永く、お元気でおいしい果物をつくり続けてくださることを願っています。

 

 **************************

◆ 窓の断熱・結露にお困りの方は

  お電話またはお問合せフォームからお気軽にご相談ください。

  ・電話番号:0120-236-685

   ・問合せフォームはこちら↓↓↓

   http://clear-g.co.jp/publics/index/89/

  

◆ 真空ガラススペーシアとは

  http://clear-g.co.jp/publics/index/16/

◆ 真空ガラス「スペーシア」の施工事例

  http://clear-g.co.jp/publics/index/53/

結露・断熱・省エネ・防犯対策 窓のお悩みを解決します。

 

山梨・長野・東京・神奈川・埼玉がサービスエリア!甲府市、甲斐市、山梨市他。

 

 *********************************

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガラスフィルムは遮熱と飛散防止に効果大!!

2016-06-20 16:58:45 | 

今年も暑い季節がやってきました。

できるだけエアコンに頼りたくないと思っていながらも、お昼に近くなるとどうしてもリモコンのスイッチをONしてしまう今日この頃。

それでも、できるだけエアコンの負荷を減らすには緑のカーテンやブラインド、遮光性能のあるカーテンなど手軽な方法があります。

もし現状が一枚ガラスが入った古いサッシの場合、この際遮熱も断熱も合わせて性能をアップしたいとなると樹脂を含む断熱サッシに遮熱タイプのLowEペアガラスをいれるという窓の改修がもっともお勧めの方法となりますが…。

でも、すでにペアガラスが入っていたりサッシの交換までは必要ではない場合、少しでも遮熱効果を高める方法としてガラスフィルムという選択があるのです。

ほとんどのフィルムは飛散防止(割れたガラスが飛び散らない)と紫外線(UV)カット性能がありますが、遮熱性能を併せ持つタイプであれば、エアコンの負荷をかなり軽減できるので省エネと快適さを叶えることができるのです。

今日は、甲府市内の事務所でフィルム工事をさせていただきました。

完成後の南面

南面のペアガラスは3Mのニュートラル70、入り口ドアは網入りの型ガラス(不透明)のため外張りのシルバー35X 、東西のペアガラスにはニュートラル50と東西南北、既存ガラスの種類、影などを考慮したフィルム選定をさせていただきました。

 *遮熱の性能が高ければ高いほどガラスの熱割れの危険性もあるので窓の種類を考慮して最良のタイプのフィルムを選定しなくてはなりません。

 

それでは、フィルム施工の様子をご紹介いたします。

ガラス表面の汚れをとります。

 

ガラスに水を噴霧します。

 

窓ガラスにフィルムを貼ります。

 

窓ガラスの四方に合うよう貼っていきます。

 

コテを使って圧着。

 

最後にエッジ(フィルムの端)をカットします。

 

完成後の外観。ほとんど暗さを感じないものの、今までのガラスより日射熱取得率は3割減になりました。(ニュートラル50の場合)

さらに、地震や衝突によるガラスの飛散を防止できるので安全性も大きくUPしました。

最後に「フィルムを貼って、お部屋が涼しくなりました!!」というお声に、お客様との出会いに感謝。

 

*******************************************************

◆ 窓際の暑さにお困りの方は

  お電話またはお問合せフォームからお気軽にご相談ください。

  ・電話番号:0120-236-685

   ・問合せフォームはこちら↓↓↓

 http://clear-g.co.jp/publics/index/89/

 

◆ 「フィルム」の施工事例

 http://clear-g.co.jp/publics/index/62/

省エネ・防犯対策 窓のお悩みを解決します。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

窓のリフォーム「マドリモ」の研修に行ってきました。

2016-05-26 11:17:21 | 

 昨日、YKKの小田原工場にて新しい窓リフォーム「マドリモ」の施工研修会に行ってまいりました。

今まで「リモデルウィンドウ」という名称での外窓交換が、この春からは「マドリモ」という名称に変わり、一部工法も進化したため新しい技術を学ぶために参加しました。

外窓交換はリフォームの中でもなかなか思いつかない部分だといわれていますが、窓はその断熱性により、心肺停止の危険や熱中症などを防ぐ最も重要な場所なのです。

外窓交換においてはその優れた技術に定評のあるYKK。今日は職人さんになったつもりで施工の勉強をしてきました。

午前中は最新のサッシの学習、午後からが実技。製品の進化が目まぐるしいサッシですが、お施主様にご満足いただける知識を得るために、受講者の皆さんは真剣そのもの。

 

今回の受講でも女性は私一人でした。最近は奥様の視点で住宅選びやリフォームをされているお施主様が多いので、この業界に女性が増えてくれたらもっと窓リフォームが普及するのではないでしょうか。

 

内窓プラストの施工をお願いしている名取さん。「マドリモ」の研修でもいっしょに学びました。

 

今までの日本のサッシの性能は残念ながらドイツをはじめとするヨーロッパの高断熱窓には到底かなうものではありませんでした。

そんな中、YKKではその欧州の断熱窓の性能を日本のスタンダードにしようとの気概をもって新しい窓製品を開発しました。その名は「APW430」という高性能トリプルガラス樹脂窓。

今回のマドリモではその最高性能の「APW430」へのリフォームも可能なのです。

高性能な窓を取り付ける技術においても、その窓の性能を十分に生かせるかどうかが私たちの役目です。

大きな使命を持って、これからも窓の断熱化の普及に取り組んでいきたいと思いました。

 

 

*******************************************************

◆ 窓際の寒さと暑さにお困りの方は

  お電話またはお問合せフォームからお気軽にご相談ください。

  ・電話番号:0120-236-685

   ・問合せフォームはこちら↓↓↓

 http://clear-g.co.jp/publics/index/89/

 

◆ 「マドリモ」の施工事例

 http://clear-g.co.jp/publics/index/55/

結露・断熱・省エネ・防犯対策 窓のお悩みを解決します。

 

山梨・長野・東京・神奈川・埼玉がサービスエリア!甲府市、甲斐市、山梨市他。

*******************************************************

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジュエルステンドを施工しました。

2016-05-10 11:19:19 | 

ジュエルステンド」ってごぞんじですか?

甲府市在住の雪江なほみさんが天然石の透過光を称して命名し商標登録をとったもので、その中にパネル、ランプ、行灯、照明壁画等があります。

*ガラスとガラスの間に天然素材(和紙、麻、樹皮等)を挟み込むことを考案したことで特許も取得されています。

今回、雪江さんからジュエルステンドの設置の依頼を受けました。

通常ステンドグラスはFIX(開閉しない固定したガラス窓)やドアの明り取りに使用することはあっても、引違いサッシに取り付けることはほとんどありません。

それも、既存のペアガラスはそのままでガラスの内側に部分的に設置するというまったく新しい設置方法での依頼に、サッシの構造上不可能ではありませんが経験したことがないだけに不安がありました。

しかしながら、お施主様と雪江さんの夢を何とか叶えたい、そんな思いで施工を引き受けました。

甲斐市のK様邸にて。施工前のサッシ(引違い4枚建て)

 

 

雪江さんと試行錯誤で考えた取り付け部品(オーダー製作)

 

建具屋さんが製作した木製の枠

 

作品を傷つけないよう細心の注意を払っての取付け

 

1枚目の取付完了です。雪江さんも私たちもほっとした瞬間でした。

 

さあ、無事2枚が取り付けられました。

2枚のジュエルステンドに段差をつけることで、流れるようなつながりを感じます。

 

 ガラスを背景に、メノウ、水晶、和紙など自然素材を組み合わせています。

それぞれの透過光がちがうため、ガラスだけを使ったステンドグラスとは違った趣があります。

 

作品が無事に納まり、笑顔の雪江さん

作品について(雪江さん):お施主様の木村富貴子さんはお父様、故神沢浄さん共々、平和運動にもご尽力なされておられるので、平和のシンボルの鳩で門灯、リビングのランプシュエード、そしてこの新しい試みで入れたパネル、3点に共通のテーマにしてデザインをいたしました。

富士山が見えることも計算に入れて、その上部に左のメス鳩に向かって、右から赤い実をくわえたオス鳩を飛ばしました。扉が動くので、より動きがダイナミックに楽しくなることでしょう。

ジュエルステンドと同時に富士山の景観も楽しめるのも、今回の作品ならでは。

 

この照明も雪江さんの作品。窓と同じハトがモチーフです。

 

照明と窓のジュエルステンドの組み合わせにより、お施主様のごだわりを感じる住まいになりました。

既製のインテリアも素敵ですが、このようなオーダーメイドの作品がお部屋に一つあるだけでも温かみと味わいのある雰囲気が生まれます。

今回のジュエルステンドは、日々、また時間による光の入る角度の違いで生まれる色の変化を楽しむこともでき、同時に窓の機能として外の景色も見ることができる今までに無いものとなりました。

きっとお施主様のお気に入りの空間になることでしょう。

窓は光を取り入れる大切な場所。窓の可能性が膨らんだお仕事でした。

 

*******************************************************

 ◆ジュエルステンドについては

http://clear-g.co.jp/publics/index/103/

 

 ◆ お電話またはお問合せフォームからお気軽にご相談ください。

  ・電話番号:0120-236-685

   ・問合せフォームはこちら↓↓↓

 http://clear-g.co.jp/publics/index/89/

 

◆ 窓に関する「株式会社クリア」のサイト

 http://clear-g.co.jp/

結露・断熱・省エネ・防犯対策 窓のお悩みを解決します。

 

山梨・長野・東京・神奈川・埼玉がサービスエリア!甲府市、甲斐市、山梨市他。

*******************************************************

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おススメは積雪50センチのカーポート

2016-05-09 10:06:48 | 

牡丹の花咲く4月下旬、甲府市のU様邸でカーポート工事が始まりました。

一昨年の雪害では山梨県内の多くのカーポートが破損してしまいました。今まで大雪を体験したことがないため、ほとんどのカーポートが積雪20センチのタイプだったことも原因の一つでした。

それからは、カーポートを依頼された際はできるだけ積雪50センチ以上のタイプをお勧めしています。

さあ、柱を設置するための基礎づくりにコンクリートにカッターを入れるところから工事がスタートです。

 

基礎は大変な作業。大きさと深さをしっかりとって職人さんも汗びっしょりで掘り下げています。

 

穴を掘り終えたところで、柱を設置。積雪50センチのタイプは柱も太くてしっかりしています。

 

いよいよカーポート本体に取り掛かります。

 

モルタルを埋める前に、柱を溶接でしっかりと固定します。

 

モルタルで柱を固定します。

 

職人さんが丁寧に鏝(こて)で仕上げてくれました。

 

カーポートの基礎工事をしていただいた大久保工業の社長さん。なかなか渋い男前です。

 

いよいよ最後に補助柱の設置です。*補助柱とは片流れタイプの場合、積雪の重みでカーポートに負担がかからないように設置する脱着式の柱。

補助柱を立てる場所もきれいにモルタルで仕上げます。

  

いざというとき補助柱がきちんと設置できるか確かめます。

 

さあ、これで完成です。今回のカーポートはLIXILの「ファインポートⅡZ」積雪50センチタイプ。

片流れタイプですが、柱が3本なのでがっちりした外観。頼れるカーポートです。

 

色も住宅のサッシの色と合わせたシャイングレー。熱線遮断ポリカボネートの屋根なので、暑い季節でも車を熱から守ります。

 

4月下旬に完成したU様邸のカーポート工事。

お孫さんが遊びに来たときに日陰になったカーポートの下でプール遊びができることを楽しみにしていらっしゃたU様。

雨や雪の日も、また暑い日も、寒い日もきっとお役にたっていただけるカーポートです。

無事に完成し、U様、そして工事に携わってくれた職人さんたち、ありがとうございました。

 

遅咲きの黄色い牡丹の花は亡くなったお母様が大切に育てていらっしゃったそうです。

新しいカーポートが仕上がるまで、工事を見守ってくれているようでした。

*******************************************************

◆その他のエクスエリアの施工例は

http://clear-g.co.jp/publics/index/66/

 

◆ 窓際の寒さと暑さにお困りの方は

  お電話またはお問合せフォームからお気軽にご相談ください。

  ・電話番号:0120-236-685

   ・問合せフォームはこちら↓↓↓

 http://clear-g.co.jp/publics/index/89/

 

◆ 窓に関する「株式会社クリア」のサイト

 http://clear-g.co.jp/

結露・断熱・省エネ・防犯対策 窓のお悩みを解決します。

 

山梨・長野・東京・神奈川・埼玉がサービスエリア!甲府市、甲斐市、山梨市他。

*******************************************************

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春爛漫の八ヶ岳に行ってきました。

2016-04-20 15:28:32 | 

昨日は、ぽかぽか陽気に誘われて八ヶ岳南麓の北杜市大泉のN様邸におじゃましました。

N様とは八王子にお住まいだったころ真空ガラススペーシアをご採用いただいたご縁で、その後八ヶ岳に移住された3年ほど前に再びスペーシアの施工でお世話になりました。

冬の寒さが厳しい八ヶ岳での暮らしの中で、真空ガラススペーシアの暖かさを本当に喜んでいただいていました。

 真空ガラススペーシアのテラスの前で愛猫くーちゃんとご一緒のN様

人間が大好きなくーちゃん。N様以外の来客にもインコのように肩に乗るのがくーちゃん流。

 

窓から見える新緑が絵画のような美しさです。

 

真空ガラススペーシアがくれた素敵な出会い。

N様は音楽にかかわるご主人様を支えながら、八ヶ岳の自然を心から愛する方。何もかも包み込むような笑顔に、またお会いできる日まで…

 

お庭に咲く春を告げるこぶしの花

 

 **************************

◆ 窓の断熱・結露にお困りの方は

  お電話またはお問合せフォームからお気軽にご相談ください。

  ・電話番号:0120-236-685

   ・問合せフォームはこちら↓↓↓

   http://clear-g.co.jp/publics/index/89/

  

◆ 真空ガラススペーシアとは

  http://clear-g.co.jp/publics/index/16/

◆ 真空ガラス「スペーシア」の施工事例

  http://clear-g.co.jp/publics/index/53/

結露・断熱・省エネ・防犯対策 窓のお悩みを解決します。

 

山梨・長野・東京・神奈川・埼玉がサービスエリア!甲府市、甲斐市、山梨市他。

 

 *********************************

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

完成した笛吹市のお客様をご訪問しました。

2016-04-18 14:58:22 | 

昨年、サッシの交換工事でお世話になった笛吹市のK様邸に、雨上がりの昨日ご訪問しました。

さて、新しくなったサッシで住み心地はいかがでしょう。

 

100年以上前からあるK様邸のシンボルツリー 比翼ひば

 

中国の黄山を参考にご主人がつくられた庭石

玄関前の見事な枝ぶりの松

 お庭の木々や花々の彩が美しく、しばらく観賞させていただきました。 

 

この素晴らしいお庭も新しいサッシから見てみると…

まるで京都にいるような風情の縁側。K様には「今まで寒かったこの縁側も今年の冬はサッシ(LowEペアガラス入り断熱サッシ)の効果でとても暖かく、快適でした。」と喜んでいただきました。 

比翼ヒバが見えるこの景観がお気に入りだそうです。

 

ご主人様。七変化(もみじ)と新しいサッシの前にて。

 

庭造りはすべてご主人がなさっているとうかがいました。

新しいサッシの入った縁側は、年月をかけ丹精込めてつくられたお庭を快適な室内から望むことができるご主人様とご家族のお気に入りの場所になりました。

私にとっても大好きなK様邸の縁側。ずっと外を眺めていたくなる場所でした。

 

*******************************************************

◆ 窓際の寒さと暑さにお困りの方は

  お電話またはお問合せフォームからお気軽にご相談ください。

  ・電話番号:0120-236-685

   ・問合せフォームはこちら↓↓↓

 http://clear-g.co.jp/publics/index/89/

 

◆ 「リモデルウィンドウ」の施工事例

 http://clear-g.co.jp/publics/index/55/

結露・断熱・省エネ・防犯対策 窓のお悩みを解決します。

 

山梨・長野・東京・神奈川・埼玉がサービスエリア!甲府市、甲斐市、山梨市他。

*******************************************************

 

 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「窓際の寒さをなんとかしたい」お悩みを解決

2016-04-18 10:14:44 | 
昨年秋、笛吹市のK様邸は、1枚ガラス入りの古いサッシから入る寒さを何とか解決したいというお悩みがあり、寒くなる前にサッシ交換工事をさせていただきました。
 
施工前
 
通常、サッシの交換というと外壁と室内の壁を伴う大掛かりな工事になり、到底1日で完了するものではありません。ところが、YKKの「リモデルウィンドウ」なら1日で最新のサッシに交換できるのです。
さて、どんな方法でサッシが取り付けられるでしょうか?
 
 
 
 
まず、既存の枠に新しい枠を取り付ける前に調整部材をとりつけます。(アルミ製の桁のようなもの)
 
 
 
 
 新しい枠を設置します。
 
 
 
  
古いサッシの形状では、枠のサッシの四方に若干古いシルバーサッシの枠が見えてしまうものでしたが、オーダーでブロンズ色の金物を製作しシルバー部分が見えないよう工夫をしました。
*写真はまだシルバーサッシが見えている状態
 
 
 
 古いサッシが約半日で新しい断熱サッシに交換できました。外側アルミ、内側樹脂のYKK「エピソード」LowEペアガラス入りで今までのサッシより格段と断熱性能が良くなりました。
外観もとても素敵になり、K様に大変喜んでいただきました。
 
 
 
 
 K様邸では、その他の窓は構造上大工さんによるサッシの取り換え工事になりました。廊下の改修も含めたものでしたが、リモデルウィンドウと同じくYKK「エピソード」を入れ家が新しく生まれ変わったような印象になりました。
 
 
 
 
お庭が素晴らしいK様邸ですので、冬暖かく夏涼しくこの窓を通して四季の変化を眺められるのではないでしょうか。
また、窓のリフォームで住宅のイメージもだいぶ変わり、歴史あるこの家をさらに住み続けたくなる家に変えることができたのではないかと思っています。
 
 

*******************************************************

◆ 窓際の寒さと暑さにお困りの方は

  お電話またはお問合せフォームからお気軽にご相談ください。

  ・電話番号:0120-236-685

   ・問合せフォームはこちら↓↓↓

 http://clear-g.co.jp/publics/index/89/

 

◆ 「リモデルウィンドウ」の施工事例

 http://clear-g.co.jp/publics/index/55/

結露・断熱・省エネ・防犯対策 窓のお悩みを解決します。

 

山梨・長野・東京・神奈川・埼玉がサービスエリア!甲府市、甲斐市、山梨市他。

*******************************************************

 

 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加