牧師雑感

聖書のことばを中心に毎日の出来事を書いています。

幸せはいつもともに

2016-10-15 18:53:39 | Weblog
幸いなことよ。すべて主を恐れ、主の道を歩む者は。
あなたは自分の勤労の実を食べるとき、幸福で幸せであろう。
見よ。主を恐れる人は、確かに、このように幸福を受ける。
リビング訳では、その人へのほうびは、繁栄と幸福です。人間的な喜びだけでなく、天の祝福をも、神様は注いでくださいます。と訳しています。
漢字には、反対の意味の漢字がある。
善ー悪、吉ー凶、生―死、強―弱等。
幸の反対語は?。不幸?意味では、幸せでないからそうです。不幸を一言で表す漢字は?ないようです。
ほんとうは不幸はないのかも知れません。エデンの園ーパラダイスには不幸はなく、アダムとエバは、神の栄光の中で幸せで喜びに輝いていました。
しかし、悪魔に欺かれ、自我中心に罪に陥り、人類を罪と咎のるつぼに投げ込みました。
しかし神の愛は、イエス・キリスト=神が人となった=の十字架の死と復活を、アーメンと信じるだけで、罪とがや病や呪いを消し去り、神の子として平安と幸せにし、永遠のいのちを与え、死を越え天国に生きる人生へと変えてくださいます。
神の愛のもと、イエス・キリストの救いを信じる世界に不幸はない。不幸の正体は、神から離れて自己中心に生き、目に見える現象だけを、幸せの目標に追い求めているからなのです。
信じるなら=考え方を変えるなら、一瞬間で幸せを感じ、見方を変えるだけで、すべてが味方になり、あれがないから、これがないからと見るものすべてを、敵と持っていたものが味方になり、四面楚歌ではなく、まわりのすべてが幸せにしてくれる味方になります。
アーメンと信じる一瞬間で、人生は幸せになります。私は幸せです。口にするだけで、言えば言うだけ、もう一度それを言いたくなるような現実を体験できるのです。
目覚めとともに、生かされてる奇跡を喜べます。恵みは朝ごとに新しい。
ありがとうございます。今日もまた天国の一日でした。感謝します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大漁の奇跡 | トップ | 仕事をしている人に頼むと早... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL