牧師雑感

聖書のことばを中心に毎日の出来事を書いています。

愛されて

2016-10-16 18:16:22 | Weblog
主よ。あなたがもし、不義に目を留められるなら、主よ。だれが御前にたちえましょう。

しかし、あなたが赦してくださるからこそ、あなたは人に恐れられます。

ああ神様。私は失意のどん底から、あなたの助けを叫び求めます。「お願いですから、私の訴えを聞いて、助けてください」

もし、神様がいつまでも私たちの罪を心に留められるのでしたら、到底、この祈りも聞いていただけないでしょう。しかし、恐れ多いことですが、神様は赦してくださるお方です。

だからこそお助けを信じつつ、期待を込めて待っているのです。見張りの者が夜明けを待つよりも切実に、神様を待ち望んでいます。神様は恵み深く親切で、両腕いっぱいの祝福を抱えておいでになるからです。

親が子どもの過ちや失敗を本質的には赦しているように、いやそれ以上の愛です。イエス・キリストの十字架によって、すべての罪とがを赦し、洗ってくださいました。また、悔い改めて赦しを求めるなら、御子イエスの血で、すべてをきよめてくださり、大きな赦しの愛で、包み抱きしめてくださいます。

今日も恵みと愛で、いのち輝き生き、両腕いっぱいの祝福を受け、多くの愛と優しさに守られ幸いです。万歩計は5784歩、爽やかな秋日和に日曜日、朝は奈良市、午後が大阪市浪速区新世界で。

ありがとうございます。今日もまた天国の一日でした。感謝します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 仕事をしている人に頼むと早... | トップ | ひとりにはしない »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL