牧師雑感

聖書のことばを中心に毎日の出来事を書いています。

渇く幸い

2017-06-13 20:33:23 | Weblog
マタイの福音書5:6 義に飢え渇いている者は幸いです。その人は満ち足りるからです。

アフリカ宣教で、ケニアのトウルカナへ食糧支援を続けた。食べる物がなく、タイヤのゴムでも何でも口にするような飢餓。水を求めて何日もさ迷う状態。種子島の貧しさの中で白米のご飯を食べることもなく、肉や魚を口にすることもなかった。中学生の頃は片道9キロを歩いて通い、弁当はサツマイモだけだった。それでも山は青く、水は清い島だったので、 飢えることなく、元気に守られている。

現代も食に事欠き、のどの渇きに苦しむこともあるが、この至福の教えは、チャレンジしてくる。餓死する人が食物を求めるように、渇いて死にかけている人が水を求めるように、義に飢え渇いているか。飢え渇いている人が食物を求めるように、渇きで死のうとする人が水を求めるように、義を求める人は幸いです。その人は満ち足りるからです。

そのような義をどこで得ることができるのか。人の行いの義では、到達できません。イエス・キリストが来られたのは、人間の不義=罪やとがを、全て引き受けてくださるためでした。十字架上の渇くとのことばは、全人類の義に飢え渇く幸いを表現しています。十字架上にすべての不義を引き受け、贖いを完成してくださいました。

その事を信じるだけで義とされ、ほんとうの幸いを経験できる恵みの救いです。

義という字は、羊の下に我と書きます。羊は聖書では、世の罪を取り除く、神の小羊キリストの表徴です。羊の下に行かなければ、我だけです。自分だけが義だ、正しいとうるさく言うただしいんだという人は、我=自我だけです。だから我=ガアガアあがあとうるさいだけです。十字架の救いをアーメンと信じて、我=自我だけの人生ではなく、救われた幸いを、満ち足りる人生を味わいましょう。

ありがとうございます。今日もまた天国の完全な義の一日です。感謝します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛あれば | トップ | おごり高ぶり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL