牧師雑感

聖書のことばを中心に毎日の出来事を書いています。

一羽の雀さえ

2017-07-13 18:12:15 | Weblog
マタイの福音書10:29ー31一羽の雀は一アサリオンで売っているでしょう。しかし、そんな雀の一羽でも、あなたがたの父のお許しなしには地に落ちることはありません。また、あたたがたの頭の毛さえも、みな数えられえています。だから恐れることはありません。あなたがたは、たくさんの雀よりもすぐれたものです。

ルカの福音書では、二羽の雀は1アサリオンとあり、おまけの雀でさえ、そこにあるだけで値打ちあると言う大きな意味です。人間の価値は、全世界よりも尊く価値があります。あなたはわたしの目に高価で尊い。わたしはあなたを愛してる。

神に愛され尊く価値あるいのちを、自殺、自死、殺人、虐殺の戦争をすことは、最大限の罪悪です。

72年継続している平和を守り続けるよう祈りつつ、マタイ福音書を読んでいます。

あるがままで尊い存在です。愛の神の中で、与えられたいのちの限り、天国に召されるまで、恵みを豊かに注がれています。

88歳の老兄を見舞い、奥様と共に快癒を祈る午後。いつも喜び、絶えず祈り、すべてのことに感謝できる病床です。

ありがとうございます。今日もまた天国の一日です。感謝します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おっぱいよおー | トップ | 愛と憎しみ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL