牧師雑感

聖書のことばを中心に毎日の出来事を書いています。

あの日から60年

2017-07-16 18:13:32 | Weblog
マタイの福音書11:28-30 すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。

15歳の時、アルビン・ハモンド宣教師が、種子島高等学校の教室で英会話クラスを開いていました。出席すると、"Come to Me, all you who labor and are heavy laden, and I will give you rest.

"Take My yoke upon you and learn from Me, for I am gentle and lowly in heart, and you will find rest for your souls. "For My yoke is easy and My burden is light."

変な日本語で、私の所に来なさい。休ませます。荷物は軽いです???

当時は休みの日に家に帰ると、山で薪拾いやヤギの草刈、稲束やサツマイモの袋運び、休むどころではありません。瞬間、このアメリカ人が背負ってくれるのか?と思いました。

Come to me,というお方は、イエス・キリスト様です。当時は無神論で、自分には縁がない、英語クラスだけにしようと思いました。

2学期になり英会話クラスはなくjなりましたが、市内の最上医院で開かれていた礼拝に行き、その年=1957年11月24日に、種子島の海で洗礼を受け、今年60年になります。

今年も、27日から8月1日まで種子島です。30日の日曜日、洗礼を受けた西之表キリスト教会(池田公栄牧師)で礼拝説教です。夜は日本バプテスト連盟種子島新生キリスト教会(沼田俊昭牧師)で礼拝説教です。

また、星原中学校の同級生との会食もあり、今年もホテルや教会の礼拝に来てくれます。31日には屋久島に行き、日高牧師来訪。2日に帰宅予定です。

マタイの福音書11:28-30 すべて、疲れた人、重荷を負っている人は、わたしのところに来なさい。わたしがあなたがたを休ませてあげます。わたしは心優しく、へりくだっているから、あなたがたもわたしのくびきを負って、わたしから学びなさい。そうすればたましいに安らぎが来ます。わたしのくびきは負いやすく、わたしの荷は軽いからです。

15歳の時、アルビン・ハモンド宣教師が、種子島高等学校の教室で英会話クラスを開いていました。出席すると、"Come to Me, all you who labor and are heavy laden, and I will give you rest.

"Take My yoke upon you and learn from Me, for I am gentle and lowly in heart, and you will find rest for your souls. "For My yoke is easy and My burden is light."

変な日本語で、私の所に来なさい。休ませます。荷物は軽いです???

当時は休みの日に家に帰ると、山で薪拾いやヤギの草刈、稲束やサツマイモの袋運び、休むどころではありません。瞬間、このアメリカ人が背負ってくれるのか?と思いました。

Come to me,というお方は、イエス・キリスト様です。当時は無神論で、自分には縁がない、英語クラスだけにしようと思いました。

2学期になり英会話クラスはなくjなりましたが、市内の最上医院で開かれていた礼拝に行き、その年=1957年11月24日に、種子島の海で洗礼を受け、今年60年になります。

今年も、再来週29日から8月1日まで種子島です。31日の日曜日、洗礼を受けた西之表キリスト教会(池田公栄牧師)で礼拝説教です。夜は日本バプテスト連盟種子島新生キリスト教会(沼田俊昭牧師)で礼拝説教です。

また、星原中学校の同級生との会食もあり、今年もホテルや教会の礼拝に来てくれます。

重荷を負う人生が、イエス・キリストをアーメンと信じただけで、心に平安と喜びあふれる人生に変えられました。

ありがとうございます。今日もまた天国の祝福あふるる一日でした。感謝してます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« み足の跡を | トップ | 心を一つに »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL