牧師雑感

聖書のことばを中心に毎日の出来事を書いています。

シャローム

2017-01-25 18:47:53 | Weblog
イスラエルではシャローム。中近東ではサラーム。お互いに挨拶のことばに平和を持ちながら、殺戮し合う人間同士。平和を求めながら、人間って悲しい存在です。
臆病者の青年ギデオンに、安心しなさい。恐れるな。あなたは死なないとの神の声。 そこで、ギデオンはそこに主のために祭壇を築いて、これをアドナイ・シャロムと呼びました。
アドナイ・シャロム=主の平和は、すべての恐れから解放します。聖書には、恐れるなに類することばが、365回あるそうです。恐れがドアをノックした。信仰がドアを開いた。そこには恐れはいなかった。ということわざもあります。
臆病で弱虫の、いつもビクビクしていたギデオンに、恐れるな。あなたは死なない。全能の神が守りの壁となって、何があろうともアドナイ・イルエ=主の平和が四六時中ある、すばらしい約束です。
本質的な恐れは、第一に生活の不安、何を食べ飲み、何を着どこに住まうか、衣食住の元である経済を恐れます。
二番には、人間関係の恐れです。家庭で学校でお互い人間同士、国同士で憎しみ妬み、その果ては戦争という人殺しまでやってしまいます。愛し合い許し合うことができれば、人間関係が平安満たされます。
三番目は7死の恐れです。人間である限り100%確実なことは死ぬことです。世界第二位の長寿国で、女性は世界一長寿です。しかし、人は死にます。死んだらどうなる、どこへ行くかが、すべての本質的な恐れの原因です。死ぬ問題が解決し、行き先が分かれば大丈夫、平安で幸せです。イエス・キリストの十字架と復活は、死の問題を解決し、アーメンと言えば天国行きの保証です。死を恐れず、死を越えて永遠の天国を知ると大丈夫です。余命一年を宣告された妻と4年間を過ごし、天国が絵空事でなく、理想でもなく現実であることを、その臨終でも平安に満たされ、安らかに静かに召されて行く姿からも、体験できました。
ありがとうございます。今日もまた天国の一日です!感謝します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祈りとみことばに生きる | トップ | 自信を持って生きる謙遜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL