牧師雑感

聖書のことばを中心に毎日の出来事を書いています。

試練の中でも

2017-04-23 19:13:20 | Weblog
コリント人への第二の手紙1:36 私たちの主イエス・キリストの父なる神、慈愛の父、すべての慰めの神がほめたたえられますように。
神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださいます。こうして、私たちも、自分自身が神から受ける慰めによって、どのような苦しみの中にいる人をも慰めることができるのです。
それは、私たちにキリストの苦難があふれているように、慰めもまたキリストによってあふれているからです。
もし私たちが苦しみに会うなら、それはあなたがたの慰めと救いのためです。もし私たちが慰めを受けるなら、それもあなたがたの慰めのためで、その慰めは、私たちが受けている苦難と同じ苦難に耐え抜く力をあなたがたに与えるのです。
すべての慰めの神がほめたたえられますように。昨年4月交通事故で右足腿を打撲挫傷。激烈な痛みが襲うとき、ありがとうございます。ほめたたえます。感謝します。左あごと頬を20針縫い、食べることもままならないときも、ありがとうございます。ほめたたえます。感謝します。
神は、どのような苦しみのときにも、私たちを慰めてくださる恵みを体験しています。
愛する家内が天国に召され、一人暮らしももうすぐ2年。慰めを受け平安に現役牧師として、
過去2年間で15名の召天式を行い、自分も苦難を味わい、慰めもまたキリストにあってあふれています。
死の床に着き添い、召された家族とともに悲しみ、特に葬式の前に家族そろって、アーメン信じますと、救いを受けてくださる方も多く与えられました。
2015年5月17日に、結婚49年の家内が天国へに召されました。もうすぐ3年。独身生活を続け、食事時間が長くなりました。
家内がいると、食事でよの声で台所へ.美味しい食事が3度3度用意されています。今は自分で食事を用意し、食べて、片付けてです。当たり前のことですが、日ごとの糧を与えてください。酢の祈りが現実の祈りにの日々です。
ありがとうございます。今日もまた慰め豊かな天国の一日です。感謝します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 義務と責任 | トップ | 病に負けず »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL