牧師雑感

聖書のことばを中心に毎日の出来事を書いています。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2017-05-20 18:43:27 | Weblog
ゼカリヤ書9:16-17 その日、彼らの神、主は、彼らを主の民の群れとして救われる。彼らはその地で、きらめく王冠の宝石となる。それは、なんとしあわせなことよ。それは、なんと麗しいことよ。穀物は若い男たちを栄えさせ、新しいぶどう酒は若い女たちを栄えさせる。

その日とは、イエス・キリストの十字架と復活の日。アーメンと言えば救われ、救われた人生がきらめく宝石のように、平安と幸せに輝く人生。それは今、現在も世界中で起こっている現実です。もう一つのその日とは、イエス・キリストが再臨する日です。その日が来る前に、ひとりだけでなく、大勢の人々が救われ、日本も民族としての救いの時を迎えたいものです。

今日のその日も、イエス・キリストをアーメンと迎えるだけで、穀物=神のことばである聖書が、若者たちを栄えさせます。若者の心に信仰と希望と愛が輝き、神を愛し、自分も愛し、自分を愛するように隣人を愛する、豊かな平和の器になります。

新しいブドウ酒=聖霊に満たされた若い女たちが、きらめく宝石のように、信仰と希望と愛に輝き、平安に満たされて輝きます。

見せかけでない真実の愛に満たされ、気高く美しく満たされます。

今朝も5時に、矢田丘陵を染め、太陽が輝いて、生駒聖書学院全体を明るく照らしています。イエス・キリストは死を打ち破り復活されました。聖霊は注がれ、ペンテコステの満たしは豊かです。

アーメンと信じて、その救いを現実に受け、輝きの人生を体験できます。

ありがとうございます。今日もまた天国の一日です。感謝します。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幸い=アシュレー | トップ | むなしく、つらい仕事 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL