牧師雑感

聖書のことばを中心に毎日の出来事を書いています。

真理とは

2017-07-12 18:16:37 | Weblog
;ペテロの第一の手紙1::22-25 あなたがたは、真理に従うことによって、たましいを清め、偽りのない兄弟愛を抱くようになったのですから、互いに心から熱く愛し合いなさい。
あなたがたが新しく生まれたのは、朽ちる種からではなく、朽ちない種からであり、生ける、いつまでも変わることのない、神のことばによるのです。
「人はみな草のようで、その栄えは、みな草の花のようだ。草はしおれ、花は散る。しかし、主のことばは、とこしえに変わることがない。」とあるからです。あなたがたに宣べ伝えられた福音のことばがこれです。
あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にします=この言葉は、国立国会図書館法の前文「国立国会図書館は、真理がわれらを自由にするという確信に立って、憲法の誓約する日本の民主化と世界平和とに寄与することを使命として、ここに設立される。」国立国会図書館の設立理念ともいうべきもので、東京本館の目録ホールに、日本国憲法制定時の憲法担当国務大臣でもあった初代館長金森徳次郎の筆跡で刻まれています。
国会議員たちが、真理を知るとき、日本は真理に基づく国になり、平和憲法を守り、政権党も野党も平和に国民の幸せに仕えます。
真理とは、人類の前歴史の中で唯一、ヨハネの福音書でイエスは彼に言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父のみもとに来ることはありません」
イエス・キリストだけが真理です。それ以外はすべて道を指し示すだけ、真理を教えたりするだけ、いのちとはと説明するだけの世界です。
宗教にも哲学も科学の世界にも、真実の救いはなく、道に迷い、教えに惑わされ、混迷の世界に入るだけです。その終局は滅びであり、行きつく先は地獄です。
イエス・キリストの福音をアーメンと信じ、真理=イエス・キリストの従う人生です。聖書のことばは種のようです。種をまくと芽が出て実を結ぶように、神の真理のことばに導かれる人生を体験できます。
ありがとうございます。今日もまた天国の一日です。感謝してます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 屋根の片隅に住む方が | トップ | 不倫 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL