牧師雑感

聖書のことばを中心に毎日の出来事を書いています。

子どもたちに愛を

2016-09-19 15:46:08 | Weblog
マルコの福音書9:37 「だれでも、このような幼子たちのひとりを、わたしの名のゆえに受け入れるならば、わたしを受け入れるのです。また、だれでも、わたしを受け入れるならば、わたしを受け入れるのではなく、わたしを遣わされた方を受け入れるのです。」

神学生時代から日曜学校をするようになり、礼拝の前の朝9時から10時まで、自治会館や消防会館を無償で借り、午前7時には会場をきれいに掃除し、子どもたちに聖書の話をしました。礼拝が終ると、昼食も食べずに近くの村落の会館や境内で日曜学校。

奈良市の富雄では、教会周辺地域5か所で、多い時は250名以上の子どもたちが毎週集まりました。

今は赤ちゃんや幼児を見ると、声をかけ若いママたちに牧師です。可愛いお子さんの健やかな成長の幸せを祈らせてください。ほとんどの方が祈りを受け入れてくださり、赤ちゃんも可愛い顔を向けてくれます。

アーメンと言えば救われるを信条に、握手をして幸せと、イエス様を心に受け入れる祈りの出会いです。

今日も幼子たちの平安と守りを祈り、イエス様を迎える出会いを祈る朝です。

ありがとうございます。今日もまた天国の一日です。感謝します。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 被災地益城町へ | トップ | 被災地益城町から帰宅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL