牧師雑感

聖書のことばを中心に毎日の出来事を書いています。

元気で歩けるように

2017-04-04 21:00:19 | Weblog
コリント人への第一の手紙3:16-17 あなたがたは神の神殿であり、神の御霊があなたがたに宿っておられることを知らないのですか。
もし、だれかが神の神殿をこわすなら、神がその人を滅ぼされます。神の神殿は聖なるものだからです。あなたがたがその神殿です。
銀座にあるナオスキリスト教会礼拝説教へ行きました。ナオス=聖殿の意味を知り、一人で苦笑いしました。牧師は日本最大組の相談役で、イエス・キリストを信じて大逆転で牧師に。東映映画で親分はイエス様の映画を、主演渡瀬恒彦で作成し、全国の多くの人生を変えるきっかけになりました。
銀座の教会名ナオスキリスト教会、ナオス=直すの意味と勘違いしていました。
でも実際礼拝では、住吉組や山口組、会津小鉄元組長などに出会い、霊とまことを持って礼拝しているすがたに、ここは銀座をナオス=直し、人生をナオス=直す、キリストのすばらしさを思いました。
生駒聖書学院は、経歴も学歴も国籍も性別も不問で、神学生として受け入れる神学校です。どうにもならない人生であっても、だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造り変えられた人です。
十字架と復活の救いを受けるとき、新しい人生が始まります。生駒聖書学院は、聖書を神のことばと信じ、聖書どおりに生きる実践的な学びの場。同時にいまも変わることなく、聖霊によって導き教えてくださる、生きておられるイエス・キリストの奇跡を体験できます。
3年間の学びを通して、使徒の働き4:13 彼らはペテロとヨハネとの大胆さを見、またふたりが無学な、普通の人であるのを知って驚いたが、ふたりがイエスとともにいたのだ、ということがわかって来た。
というすばらしい人格の変化を、自分だけでなく回りからも認められるようなすばらしい牧師になります。生駒聖書学院卒業生で、全国に知られNHKでも紹介されたり、著書がベストセラーになった卒業生もあります。
ナオス=神殿、聖殿となるすばらしい救いの人生を感謝します。交通事故に出会い、神の聖殿を壊しかけましたが、幸い守られ、頬と顎の20鉢縫う手術。右足大腿部打撲。左足打ち身で、両足とも自由に歩けなかったが、イエス・キリストの打たれた傷によって癒されました。お祈りありがとうございます。平安と感謝で新年度入学式の祝福を祈っています。
ありがとうございます。今日もまた天国の一日です。感謝します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忠実な人生を | トップ | 感情をコントロール »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL