牧師雑感

聖書のことばを中心に毎日の出来事を書いています。

アンクル・トムの小屋

2017-06-22 18:01:47 | Weblog
;ピレモンへの手紙1:9-11 むしろ愛によって、あなたにお願いしたいと思います。年老いて、今はまたキリスト・イエスの囚人となっている私パウロが、獄中で生んだわが子オネシモのことを、あなたにお願いしたいのです。
彼は、前にはあなたにとって役に立たない者でしたが、今は、あなたにとっても私にとっても、役に立つ者となっています。
新約聖書の中で、コロサイの家の教会、パウロの後援者ピレモンへの手紙です。
ピレモン家の奴隷オネシモは、逃亡奴隷でいきさつは不明ですが、ローマでパウロに導かれてクリスチャンになりました。
当時は、逃亡奴隷は死刑と決まっていました。パウロは、ピレモンのもとへ彼を送り帰すにあたって,愛の名においてピレモンを信仰における兄弟として受け入れるようお願いしている手紙です。
このピレモンへの手紙を読んだH・B・ストウは、アンクル・トムの小屋を書き、その著を読んだアブラハム・リンカーンによって、奴隷解放宣言がなされたそうです。
書棚にあるアンクル・トムの小屋=明石書店刊全45章は、525ページの大著です。
その結論=だが、われわれにはまだ恩寵の日は残されている。北部も南部も、神の前ではともに有罪である。キリスト教会は罪の償いをする重大な責任を負っている。
この合衆国が救われるのは、不正や残虐を擁護するために皆がまとまり、罪を共通の資産とすることによってではない。
懺悔と正義と慈悲とによってだ。なぜなら、不正や残虐さは国々に全能の神の怒りをもたらすようになるという強力な掟は、石臼は大海に沈むと言う永遠の掟より、もっと確かなものであるのだから。
新約聖書お持ちの方は、ピレモンへの手紙をお読みください。
ありがとうございます。今日もまた天国の一日です。感謝します
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 生きる道 | トップ | 極端過ぎるな »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL