牧師雑感

聖書のことばを中心に毎日の出来事を書いています。

生きていても死んでも天国

2017-05-20 18:28:35 | Weblog
ピリピ人への手紙1:2021 それは、私がどういうばあいにも恥じることなく、いつものように今も大胆に語って、生きるにしても、死ぬにしても、私の身によって、キリストのすばらしさが現わされることを求める私の切なる願いと望みにかなっているのです。
私にとっては、生きることはキリスト、死ぬこともまた益です。
脳外科の権威で、主治医の白戸誠爾先生の診断を1時間受けた。あなたのような奇跡の人は初めて。右脳内出血、左脳内出血、小脳内梗塞、そして交通事故では軽い脳震盪だけ。脳に全く影響なく守られ奇跡です。もうこれを最後にしてください。
まだ地上に使命があるから、天国から送り返されたのです。もう道は一人では歩かないこと。倒れないように杖を忘れないように。
生きる限り主セス・キリストの救いを伝えたい。
大きな慰めは交通事故のさ中、6名の洗礼ができました。救急病院でも外科医や整形外科医、口腔外科医、看護師たちに福音文書を手渡しも喜びでした。生
きることはキリスト、死ぬこともまた益。生きていても天国、死んでも天国。ハレルヤ。
ありがとうございます。今日もまた天国の一日です。感謝します。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一人で考え込まないこと | トップ | 幸い=アシュレー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL