牧師雑感

聖書のことばを中心に毎日の出来事を書いています。

優しさと愛

2017-07-17 19:01:39 | Weblog
マタイの福音書12::17-21 これは、預言者イザヤを通して言われた事が成就するためであった。 「これぞ、わたしの選んだわたしのしもべ、わたしの心の喜ぶわたしの愛する者。わたしは彼の上にわたしの霊を置き、彼は異邦人に公義を宣べる。争うこともなく、叫ぶこともせず、大路でその声を聞く者もない。彼はいたんだ葦を折ることもなく、くすぶる燈心を消すこともない、公義を勝利に導くまでは。異邦人は彼の名に望みをかける。
争うこともなく、叫ぶ=犬のほえる声、カラスのなく声、酔客のどなる声やわめく声=ことで、相手を罵り罵倒する。イエス・キリストには、静かな力強い落ち着きがあります。それは言葉の論争ではなく、愛を持って勝利する人の落ち着きです。怒らず争わず、清い手を上げてどこででも祈る平和な人生を祈ります。
また、痛んだ葦を折ることもなく、くすぶる燈心を消すこともない。イエス・キリストの限りないやさしさと愛です。打つひしがれた者をさらに傷つけたり、ほの暗い燈心を吹き消したりせず、立ち上がる勇気を与え、明るく強い炎として輝かせてくれます。
イエス・キリストの救いは全世界全人類の希望です。その十字架上に釘付けられた両手は、全宇宙と全世界を抱き寄せる愛の御手です。
神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛された。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。(ヨハネの福音書3:16,17)
ありがとうございます。今日もまた天国の一日です。感謝してます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 癒やされた | トップ | すべては愛 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL